日々これ好日

読書メモ

"花散る頃の殺人”乃南アサ
音道貴子シリーズの短編集。
横山秀夫は警察という組織の中の人間関係(男社会)の葛藤を緻密に書いているけど、こちらは女性の視点で書かれていて共感するところもある。
[PR]
by lerot11 | 2005-09-04 11:02 | 読書メモ