日々これ好日

34W02D 18/09/2007 入院14日目

夜中の2時にモニターを開始。陣痛がかなり頻繁にきてるようだ。以前の圧迫感だけの陣痛と違って腰の方までくる。それから痛み。陣痛止めの薬をもらう。
4時前くらいにいったんモニターから解放されたのだけれど、もう一度モニターに接続された。また、水分補給のためにまた点滴。水を飲むのとはやっぱり違うらしい。
8時前に看護士さんと話す。陣痛が多いからもしかしたら今日産むことになるかもよ、と言われる。破水
8時過ぎ、朝食。Prune Juice,、Scrumbled Eggs、Wheat Toast、Decaf Coffee、2% Milk、 Fresh Fruit Cup。
朝食の後、抗生物質と陣痛を止める薬を注射される。ドクターの決定を待つ間の処置。もっと週数がいっていれば分娩がんばろう、とか思うのだけれど、今産んでも赤ちゃんがしばらく病院にいなければならないと思うと、もうちょっとおなかにいて欲しいと思う気持ちの方が強い。
9時半頃ドクターが来る。とりあえず陣痛を止めて妊娠を継続させる方向だと言う。おなかの中の1日はNICUに2日いるのと同じ価値がある、と言っていた。今日の分娩はないらしい。
e0052044_2372089.jpg担当の看護士さんがきて、ちょっと話をしたら、どうやら二人の看護士さんが、分娩した方がいい、陣痛を止めた方がいい、とそれぞれリポートしていたようで、担当の看護士さんがちょっと先走ったことを言ってしまった、と言っていた。でも34週といえば赤ちゃんも大分できあがっているから生まれても大丈夫っていうこともあるし、判断は難しいのかもしれない。
看護士さんが入ってきて、先生と話したことを説明してくれた。陣痛止めの注射を3回打って陣痛が収まらないようなら分娩ということらしい。明日あさっての可能性もあるし、一週間後の可能性もある。一週間後になってくれるといいなと心から思う。それにしても状況はころころかわる。
11半ごろ。二度目の注射。4時までモニター。薬が効いたみたいでモニターから解放される。注射の後、12時過ぎ、昼食。
4時過ぎにシャワー。
5時過ぎ夕食。7時過ぎ友人達が来る。陣痛を感じ始める。
8時半頃、モニターに繋がれる。その後、夜ご飯を持っていた旦那が来る。陣痛用のマッサージ道具を買ってきてくれた。
9時24分、痛みが強いので看護婦さんを呼ぶ。モニターの動きをみた看護士さんは、That was a nice one.と言った。力が抜ける。本当に痛かった。 これが続くなんてと思うと不安。結局ここで3本目の注射をされる。注射の直後はかなり楽になる。でもやっぱり時々下腹部通を伴う陣痛が波のようにやってくる。一時間に3回ほどだと言うと、まだ大丈夫、とのこと。全然大丈夫じゃないと思う。
10時過ぎ、病院に泊まろうかという旦那を、何かあったら携帯に電話するから、と帰す。
[PR]
by lerot11 | 2007-10-26 02:37 | 今日の妊婦 入院生活ー出産まで