日々これ好日

33W02D 11/09/2007 入院7日目

夜中の2時頃またぎゅーっという圧迫を感じていたら看護士さんがきて、薬をくれた。どんな感じかきかれたので、下の方に向かって押される感じ、と説明した。陣痛だと胃のあたりから下へ向かったぎゅーっていう感じの圧迫感らしい。
トイレに何時間かごとに起きる。夜の方が量が多い気がする。なんでだろう。
朝、7時頃、そろそろトイレにいこうかな、とぼんやり考えていたら、突然血液検査の人が入ってきた。前回と比べて今回は痛い。
8時頃もまだなんとなく眠くてぼーっとしていたら、日勤の看護士さんが研修の人をつれてやってきた。血圧、体温チェックなどを説明していた。血圧の機械のボタンの場所さえ知らないみたいだったからきっと初めてなんだろう。

e0052044_10405323.jpg朝食はPrune Juice、Fresh Fruit Cup、Special K、Special Scrumbled Eggs、Wheat Toast、Decaf Coffee、Whole Milk。スクランブルエッグはなにがスペシャルだったかというと中にソーセージやベルペッパーなどが入っているかららしい。
朝食後、ドクターが来た。モニターを外し、6時間ごとのチェックのみになるらしい。また、点滴もはずしてくれる。抗生物質は薬で服用。なにかあったときのため、一応点滴の針はそのまま。でもこれでかなり楽になる。水をたくさん飲んでたくさん出すように言われる。
ずーっとベッドにいるせいか、お尻が最近いたい。いろいろ姿勢を変えてみるのだけれど、あんまり変わらない。
入院するって本当に大変だと思う。ここ数日、海に散歩に行きたくてしかたがない。
10時過ぎ、看護士さんが収縮&心拍モニターを外しにきてくれる。そのあと点滴もはずれた。点滴がはずれたので尿の量のチェックも必要ないらしい。自由にトイレにいけてとても楽。体温のチェックをして、抗生物質を服用。
フロアのマネージャーらしき人が来て、部屋やサービスに問題ないか聞かれた。ソファベッドをチェックしていた。
お昼ご飯まで、準備しなければならないもの、やらなければならないことリストを作ってみた。赤ちゃんとはきっと一緒に退院できないだろうから少しは時間があると思っていたのだけれど、看護士さんのひとりから、34週で一緒に退院した人もいると聞いたので、ほとんどインターネットで注文できるけれど、万が一のことを考えて、すこし旦那に頑張ってBabiesrusにも行ってもらわなければならない。

e0052044_10412541.jpg12時過ぎに昼食。眠っていたかったけど冷めるとあんまり美味しくないだろうし食べることにした。Chicken Noodle Soup and Crackers、Lasagna、Grilled Fresh Zucchini、Banana Cake、Decaf Coffee。ラザニアを食べたのは久しぶり。ちょうどいい量だった(アメリカ人には足りないかも?)。甘いものがやめられず、今日も上に乗ったクリームはよけたもののどっしりした甘いバナナケーキを食べてしまった。
友人から電話。午後空港へ旦那を迎えにいってくれる。本当に助かる。彼女は出産後の入院中、病院の食事がだめだった経験から、何か必要なものとか食べたいものがないか聞いてくれる。高級ホテルでもレストランでもないのであんまり食べ物に期待していない私には栄養的にも管理されているここの食事で十分。
明日のメニューリストが届く。食べ物に期待していないといいつつも結構選ぶのが楽しかったりする。入院してるとそのくらいしか楽しみがないのかも。この部屋ではインターネットに接続できるけど、もしなかったらと思うとぞっとする。入院仲間ができる訳でもないし、忙しい看護士さんと長話ができる訳でもなし。テレビ、編み物とか読書っていう感じなんだろうか。それはそれでいいのかも。
5時ちょっと前、収縮&心拍チェックを一時間したところ、陣痛が少し頻繁にあった。午後から時々感じていたのだけれど、これでまたモニターに繋がれてしまった。抗生物質と陣痛止めを飲む。

e0052044_10415494.jpg夕食はRoast Turkey with Gravy、Whipped Potatoes & Gravy、Green Beans、Cream of Potatoes Soup、Wheat Roll、N.Y. Style Cheesecake with Cherries、Hot Tea、2% Milk。結構ボリュームがあったけど食べてしまった。ジャガイモ料理がふたつもあって、炭水化物が多すぎか。
夕方6時をすぎた頃、旦那が来た。3時ごろにLAXに到着したのだけれど、思った通りイミグレーションで時間がかかったみたいだ。いつうまれるか分からないのでいてもらうとやっぱり安心する。この間にも陣痛は来ていて、痛くはないんだけど心臓がどきどきする。呼吸を深くしてやり過ごす感じ。旦那の出張中の話や、これからしないといけないこと、どんな風に入院になったかなどを話す。明日の夜はラマーズ法のクラスが同じ病院であるので、旦那に出てもらう予定。
時差と長旅で疲れているだんなは8時前に帰る。
8時過ぎに夜勤の看護士さんが来る。やっぱりまだ陣痛が続いているから陣痛止めをもらう。次は2時にチェックするね、といってモニターからはいったん解放されたのだけれど、またもどってきて、赤ちゃんの方は問題ないけど薬を飲んだから効き目をみるため陣痛のみモニターすることになった。
これを書いている間もぐぐーっと陣痛らしきものを感じる。長い夜になりそうだ。
[PR]
by lerot11 | 2007-10-09 10:42 | 今日の妊婦 入院生活ー出産まで