日々これ好日

通りで




e0052044_7294434.jpg







Avignonの通りで。

ちょうどこの写真(配水管の部分ね)と関連のある出来事があった。

先週日曜日の夜、ちょっと詰まりがちだったお風呂の配水管に薬品を入れて掃除をした。薬品を入れ、一時間後にお湯を流してください、とあったのでその通りにお湯を流していたら、階下の隣人がやって来て、バスルームの天井から水が漏れていると言いに来た。
旦那が見に行ったところ、天井のライトの所からかなり水漏れがしていたそうだ。
管理人さんが不在で、旦那が管理会社の緊急用電話番号に電話したところ、配管工を手配すると言っていたけれど、結局だれも来なかった(夜遅かったし)。翌朝管理人さんのところへメモを入れておいたら、午前中に管理人さんがやってきた。旦那はその日から出張でもう出てしまっていたので、通じているのか心配になりながらも事情を説明した。
どうやらうちのバスタブの下の方にあるパイプが壊れているらしいので、階下のバスルームの天井を壊して直さなければならないらしい。シャワーはいつから使えるのですか?と聞いたら、I don't know. と言われた。どうしようかといろいろ解決策を考えていたら、結局、その日のうちに修理が可能だったらしく、配管工が天井をがんがん壊す音が聞こえて来た。午前中には修理は終わり、バスルームは使用可能になった。ほっとしたけれど、これって誰がお金を払うのだろう。終わったという知らせのときにはお金の話は全く出なかったと旦那は言っていた。ちょっと心配。
フランスでもそうだけど、アメリカでも配管工はとても稼ぎの良い仕事と言われている。古い建物が多く、壊れてしまう事が多いからだろう。とりあえず直って良かった。
[PR]
by lerot11 | 2007-01-10 08:02 | Photographies