日々これ好日

小さな旅 Joshua Tree National Park




e0052044_1111860.jpg







e0052044_11125992.jpg今回の小さな旅の目的地はJoshua Tree National Park。ここはL.A.から一番近い国立公園。東に向かって車で約3時間ほどのところにある。朝は霧が出ていたのだがだんだん天気がよくなってくる。景色はただただ乾いている。フリーウェイでPalm Springsや風力発電の風車を横目に通り過ぎ、何もない砂漠のようなところをずっと走って行くと公園の看板が見えてくる。まずVisitor Centerへ。ここには公園についての様々な展示があり、情報ももらえる。ここで入場料を払う。車一台一週間$15。
軽く昼食を済ませ、公園へ向かう。舗装された道路が公園内に走っているので普通の車でも大丈夫。ただ、未舗装のところに行くのならそれなりの車で行った方が良いかもしれない。ここはキャンプもできるので(数はとても限られているけど)キャンピングカーも多かった。ところどころにExhibit(見所)という看板がでて、駐車できるスペースがある。そこで車を停めて歩く事もできる。またいくつかトレッキングできる道(2〜3時間のところから数日間のところまで)もある。

e0052044_1116991.jpgWest Entranceから入るとすぐJoshua Treeがたくさんあった(公園の中全部にJoshua Treeが生えている訳ではなく、地図上で上半分に当たる部分に多い)。
Joshua Treeの名前はこの公園にあたる部分を通っていたモルモン教徒の一団が、いろんな方向に腕を伸ばしている姿(旧約聖書の出来事に由来している)を見てつけたと言われている。確かにぐにゃぐにゃと上の方に向かって人が腕を掲げているようにも見える。そしてちょっと苦しそうにも。Visitor Centerの展示によると、Joshua Treeは木でもサボテンでもないらしい。Lily Familyと書いてあった。冬が寒かった場合のみ、2月下旬から4月下旬まで白い花を咲かせる。一年間に伸びるのは0.5インチとあった。大きいものだと300年も生きているものもあるらしい。
乾いた土地を歩いていると、全然音がしないことに気がつく。時折通り過ぎる車や飛行機以外は音がしない。カメラはがちゃがちゃといろいろ持って行ったのに、写真もあんまり撮っていない。多分撮ってもこの静けさは伝わらない気がしたからだと思う。
静かでも動物達はいろいろと棲んでいて、この日はうさぎと鳥たちをみかけた。タランチュラもいるらしい。夕方までいて、一枚目の写真をとった後ゆっくりとホテルへ向かった。
ホテルのフロントには行列ができていて、何組かは予約なしで来ていた。その日は満室だったので他をあたるよう言われていた。ホテルはTwentynine Palmsという場所にあり、レストランなども車をかなり走らせないとない。一軒、横綱という和食屋さんを見かけた。鮨と書いてあった。どんな客層なのか気になったけど、結局途中で見かけて楽しそうな雰囲気が窓から漂っていたLa Casitaでメキシカンを食べた。
その後に、ホテルへ戻らずもう一度公園へ行った。チケットを見せて中に入る。ライトも何もなくまっくら。Exhibitのある駐車場へ入ったら、先客がいて、大判のカメラを三脚にセットしていた。ヘッドライトなどで撮影の邪魔をしたくなかったので、別なところへむかう。とにかく寒い。昼間は暑いのに夜は多分5℃くらい(もっと寒かったかも)じゃないかと思う。そしてものすごい数の星。星座の知識があまりない私でもいくつか見つける事ができた。無数の星のもと、音もなくただ立っているJoshua Treeに囲まれるとちょっと怖いくらいだった。
Joshua Tree National ParkはL.A.からだと日帰りの範囲としてガイドブックなどに載っているけど、時間があれば夜も見に行く事をおすすめする。夜のJoshua Treeもなかなかです。
(今日フィルムを現像に出そうと思って撮りきってフィルムを巻き上げたのだけれどなんだか変な感触だった。もしかしたら全然撮れてないかも。)←追記:フィルムの装填がまずくて撮れていなかった。気をつけなければ。
[PR]
by lerot11 | 2006-11-27 11:39 | Photographies