日々これ好日

カテゴリ:生活( 76 )

明けましておめでとうござます。

e0052044_564669.jpg新年早々ラーメンの写真っていうところがいまひとつですが、今年もよろしくお願いします。今年こそはもう少しがんばって更新したい。
初めて元旦にリトルトーキョーへ行って来た。出し物や出店で盛り上がっていた。家族連れの日本人やコスプレをしている若い人たち、日本人以外の人たちもたくさん。つきたてのお餅を食べた後、お昼を食べに陳麻家へ。どこも混んでいて、人がたくさんいるので子どもが興奮してもう大変だった。ストローラーにも乗らずにあちこちうろうろ。危ないからと止めようとするとぎゃー。ラーメン屋さんでもぎゃー。高野山米国別院で順番を待つ間もぎゃー(参拝は断念)。道をあるいていてもぎゃー。この魔の二歳児もなんだかここ数週間でパワーアップしている。道の真ん中でひっくりかえってぎゃーっとなっていたら、通りすがりの親子が助けてくれた。もうすぐ4歳になるという男の子が一緒に遊んでくれた。お父さんの方も、息子にやさしく話しかけてくれたり。私もいつかそんな子どもがいたら冷たい視線を送るのではなく助けてあげられたらいいなと(いつかそんな日がくればいいなと)思った。帰り道で知り合いにばったり会った。彼女のお子さんは4ヶ月違いの男の子なのだけれど、ストローラーで静かに眠っていた。
初詣を断念して駐車場に戻り車に乗せたら、すとんと眠ってしまった。眠かったんだね。だったらだっこしたときに素直に眠ってくれればいいのに…。まあ彼なりの事情があるんだろう。元旦早々夫婦で疲れきってしまった(担々麺の味も覚えてません)。
大晦日あたりから始まった鼻風邪と食べ過ぎでおなかが重く、おまけに毎日ぎゃーで、ちょっとお疲れ気味な新年だけど、今年も頑張って乗り切ろうと思う。
今年の目標は「痩せる」。Baby Fatとはもう呼べない脂肪がおなかの周りにたわんでいる。頑張らなければ。Wii Fitでもはじめるか?
[PR]
by lerot11 | 2010-01-03 05:36 | 生活

Merry Christmas




e0052044_13523497.jpg


More
[PR]
by lerot11 | 2009-12-24 14:23 | 生活

久々の更新。手帳が届く。

e0052044_8263419.jpgもっと頻繁に更新しようと思いつつ、またこんなに空いてしまった。このところずっと天気が悪くて寒い。今朝もものすごい雨が降っていた。最高気温15℃くらいあっても、もう寒くて仕方がない。南カリフォルニアの暖かい冬に体が慣れてしまっているんだろう。
気温が下がると必ず私と息子は風邪を引く。お互いにうつしあっている状態だ。私の場合は産後免疫力が下がっているのか風邪を引きやすくなったみたいだ。この冬、一体何度風邪を引いたことだろう。
離乳食用のミートソースを煮詰めている最中、2月の初めに注文してあった4月始まりのほぼ日手帳が届いた。毎週火曜日の午前中は図書館のお話会にいくのだけれど、息子が風邪を引いていて今日も家で過ごしていたところだった。留守にしていると郵便局に取りに行かないと行けなくなるので今日は家にいて良かった。
今年は夫も使いたいということで2冊注文。時々いろんなアイデアを紙に書き散らしているから一冊にまとめられていいのかもしれない。まだ真新しい(息子に引きちぎられたりしていない)手帳をみるとなんだかわくわくする。
写真は手帳が入っていた箱の内側の言葉。
息子がお昼寝から起きてしまったので今日はこれで。
[PR]
by lerot11 | 2009-02-18 09:12 | 生活

久しぶりの雨





e0052044_1101320.jpg


More
[PR]
by lerot11 | 2008-11-28 02:00 | 生活

手帳が届く。

e0052044_1483974.jpg先週火曜日注文してあった手帳が日本から届いた。4月始まりのほぼ日手帳だ。以前から興味はあったけれど、今まで見開きで一週間の手帳を使っていたので、一日一ページというのが私にとっては使いづらそうで使った事はなかった。でも赤ちゃんとの生活を送っている今は平日も週末もあんまり変わらない生活をしているから、仕事の管理も必要ないし、好きなように使う事ができる。どんな風に使おうか考えながらちょっとわくわくしている。
年末は毎日新しいことばかりで手帳どころではなかったけれど、最近やっと手帳の事まで考える事ができる余裕がでてきたのもちょっとうれしい。
追記(2008年4月3日):書き忘れていたのだが、届いたその日のうちに息子に一ページ引きちぎられた。6ヶ月に入ってからは油断も隙もない。
[PR]
by lerot11 | 2008-03-31 01:59 | 生活

コンピュータのこと

ここ数ヶ月、MacBookがスリープしなくなった。右上にあるBluetoothのアイコン(?)が使えない状態になるとスリープモードにしてもスリープ状態にならない。動画をみているときなんかは便利ではあるけどこれはちょっと問題なので、土曜日にThe GroveにあるApple Storeへ行って来た。Genius Barに前日に予約をいれておいた。
息子も一緒に連れていたのだけれど、予約時間まで間がないのに授乳をしなければならなくて、旦那に先にお店へ行ってもらった。授乳、おむつ替え(車のトランクで)が終わった後に駆けつけたらちょうど終わったところだった。どうだったか聞いたら、単にリセットしただけだったそうだ。これでまた同じ問題が起きたらまた来てね、ということらしい。旦那が事前にインターネットでこのトラブルをチェックしたときは、マザーボードを交換してもらった人がいたらしかったのに。リセットだったら自分でできたのに、と旦那はぼやいていた。
今回の予約の画面は日本語で出たので日本語で名前を入れたら誰も読めなくて名前を呼んでもらえなかったそうだ。L.A.だから日本人スタッフがいるんだろうと勝手に思っていたけどそこまで甘くはなかった。
結局、翌日また同じ問題が発生した。次回がいつかはまだわからないけど続きはまたここに載せる予定。

追記(2008年5月2日):結局このときのリセットで問題は解決せず、もう一度予約をとってGenius Barへ。Bluetooth Cableの交換ということで預け、一週間後引き取りに行った。その後問題は再発していない。

追記(2008年5月18日):昨日、ふとコンピュータの裏側をみたら、バッテリーが汚いのに気がついた。バッテリー部分のみなので、どう考えても修理の際に間違って他のマシンのバッテリーを間違えてつけられてしまったとしか思えなかったので、うんざりしながらも再度Mac Geniusにアポイントメントを入れた。で、今日またThe Groveへ行ったところ、あなた達の言うことは信頼できるから(と2回も念を押すように言われ)、新しいバッテリーに交換してくれた。今度は他の部分よりきれいすぎて目立ってしまう…。でも素早く対応してくれて助かった。

他にもこんなことがありました。
[PR]
by lerot11 | 2008-02-11 14:22 | 生活

参議院選挙へ

昨日、一足早く参議院選挙の投票へ行って来た。場所はリトル東京の領事分室。去年パスポートを更新した際に在外選挙人証も申請しておいたので、先日選挙の案内の手紙が届いた。
郵便投票も出来るのだけれど、ダウンタウン周辺で他の用事も済ます事ができるので、在外公館投票に行く事にした。
会場に行くと日本人のスタッフの人達がたくさんいた。書類(最終住所地や選挙人証の交付番号などが必要)の記入方法を教えてくれる。記入を終えて隣の部屋へ行くと、今度はIDのチェック(写真付きのID)と在外選挙人証のチェックをされ、投票用紙と封筒をもらう。小さなブースには分厚い候補者リストが置いてあって、それをみながら投票用紙に記入する。あとはそれを封筒に入れて(2枚)受付に持って行くと、さらにそれをチェックして日本の最終住所地の役所の住所が書かれた封筒に入れてくれて、終了。混んではいなかったけど、土曜日だったせいか次々と人が来ていた。実際は在外日本人の投票率ってどのくらいなんだろう。
[PR]
by lerot11 | 2007-07-16 03:30 | 生活

運転免許合格!

今日の午後、路上試験を受けに行って来た。アポイントメントを入れてあるDMVまで運転して、どのくらい混んでいるのかを見た。1時半頃で結構混んでいた。嫌だなあと思いながら手続きの列に並ぶ。前に並んでいたアジア系の女性は書類が有効ではなく受けられなかったようだ。順番が来て、Learner's License、車両登録証、車の保険の書類と同伴者(旦那)の運転免許証を渡すと係の人がチェックをし、なにやらプリントアウトした紙と一緒に渡される。これらの書類をダッシュボードの見えるところにおいておくように言われる。待機場所へ車を移動させ、検査官(?)が来るのを待つ。いろいろな噂で、私が受けたDMVでは日本人は最初かならず落とされると聞いた。というのも運転に慣れている日本人は、例えばStopサインできちっととまらなかったりすることがあるからだそうだ。一回で受かった人も結構知ってるからこの噂はあんまり信じてなかった。他には検査官によってはものすごく厳しい人もいて、3回ここで同じ検査官にあたって、3回落ちた女性を一人知っている。彼女はその後別なDMVへ行って合格した。
私のところに来た検査官は他の人が来ているグレーの上着も着ていなくてそこらへんのおじさんみたいな人だった。まず左右のウィンカー、ブレーキランプなどがちゃんと使える状態かを確認(友達の一人はブレーキランプが暗いと言われてその場で落ちた)。そのあとエンジンを止めて、ワイパー、ライト、クラクションが使えるかの確認、ディフロスターやハザードランプの場所を聞かれた。また、手信号をしてみせるように言われた。一回左折を間違ってやり直させてもらった。敷地内を出る前に幅寄せ駐車をするように言われる。した後に、今度はバックして、といわれる。このとき後ろを見ながらバックしないと減点されるらしい。路上に出てからは検査官が「左のレーンに入って」「次右に曲がって」などと指示を出してくれる。私はあまりこのあたりの道は知らなくて、それが少し心配だったのだけれど特に問題もなかった。DMVにもどって指定の場所に駐車し、エンジンをとめてキーを抜くところまでやって、検査官から"You did very good. You passed."と言われた。でも検査官からもらったチェックシートをみたら、エラーの数が13…(14個までなら合格)。危ないところだった。でもまあとってしまえばこっちのもんだし、と開き直って素直に喜ぶ事にした。受付で仮の免許証をもらい帰って来た。本当の免許証は後日郵送される予定。
(追記2007年5月11日:5月10日、無事免許証到着。)

でも実はこんなことが…。
[PR]
by lerot11 | 2007-05-03 07:17 | 生活

クォーターを集める。

e0052044_985692.jpgクォーターは25¢硬貨のこと。アメリカでは必需品といって良いかもしれない。コインランドリーや路上パーキングなどで必要になる。うちもいつも車の中にクォーターだけが入ったお財布を置いている。
学校のクラスメイトから、クォーターを集めている話を大分前に聞いた。1999年からフィラデルフィアとデンバーの造幣局から、毎年5枚ずつ”州”になった順番に記念硬貨が出されているのだそうだ。州毎にデザインが違っていて、例えばカリフォルニアのだとYosemite Valleyと国立公園の父と言われるJohn Muirが描かれている。ウィスコンシンは牛とチーズとコーン。ニューヨークは自由の女神。アラバマはヘレン・ケラー。デザインは住民がして、それを州政府が選ぶそうだ。
今までクォーターに両替するたびに記念硬貨と普通の硬貨をなんとなく別々の入れ物に分けるだけだったのだけれど、洗濯で足りなくなると記念硬貨にまで手を出してしまう私をみて、見かねた旦那が先日コレクション用の冊子を買って来た。別にいいのに、と言いつつはめ始めるとなかなか楽しい。現在までは100枚のところ50枚ほどが集まっている。フィラデルフィアのバージョンがあんまり集まらないのは東側だからこちらまで来ないからか。
また冊子には州になった年、人口、面積などそれぞれの州の説明が簡単にしてある。小学生くらいの子供がいたら一緒に楽しめるかもしれない。
[PR]
by lerot11 | 2007-04-20 09:30 | 生活

体重計購入!

e0052044_752944.jpg旦那と暮らし始めてから10年以上が経つのだけれど、うちには今まで体重計がなかった。どうしていたかというと、お互いの実家に行ったときに量らせてもらったりしていたから、あまり必要だと思っていなかった。
先日夕食に招待してくれた友人は現在妊娠5ヶ月で、私も一応妊婦(未確認)なので、普通に体重トークをしていたら、話の流れで体重を量る事になった。身長は162cmで体重はアメリカに来る前はだいたい○○kgだよと言ったら、友人に日本人って重たいんだね、と本気で驚かれた。なんて答えていいか分からないでいたら、旦那がすかさず、日本人の骨密度は高いからだとフォローしていた(ほんとなの?)。友人の旦那さんが持って来てくれた体重計に乗ってみたら体重はほぼ高校生時代のピーク時の体重に近かった(服は着てたけどね)。
そんなこともあり、あまりにも増えていてやばいと心底不安になり、翌日Bed Bath & Beyondへ早速買いに行った。こんなところでもmade in Japanが頑張っていて、結局体脂肪もわかるタニタの体重計にした。
量ってみると、やばいのは私よりも旦那だった。見た目が太って来ていたのでやばいなとは感じていたけどまさか10kgも増えているなんて。そんな訳で、夜のウォーキングと毎朝の体重測定が最近日課になりつつある。
[PR]
by lerot11 | 2007-03-27 07:30 | 生活