日々これ好日

カテゴリ: 赤ちゃんとの日々( 19 )

18ヶ月検診のこと、他

e0052044_615633.jpg先日子どもの18ヶ月検診へ行って来た。ちょうど義母が遊びに来ていたこともあって一緒に行った。
体重は3ヶ月前の15ヶ月検診とほぼ変わらず12.6kg、身長は約87cmと伸びた。頭囲は50cm。実はこの検診の一週間ほど前に下痢で先生に診てもらっているのだけれど、体重が増えないのはきっと下痢のせいだろうということになった。もちろんたくさん運動しているというのもある。特に心配はないそうだ。
今回質問したのは言葉のこと。まだしゃべらない。時々ハイハイと言うくらい。"Hi"と言っているみたいで人とすれ違う時に言っている(すれ違った人もちゃんとHiと返してくれている)。ただ、指差しをしたりして欲しい物をさしたりとコミュニケーションをとろうとしているからそんなに心配はないだろうとのこと。それから次回までに何かを言った時のリストを作るようにと言われた。
川崎病の件があるため生ワクチンは接種できないため、今回はDDPとHepA。7月以降は接種可能になるのでもし水疱瘡の流行などを耳にすることがあったら来てください、ということだった。そうでなければ6ヶ月後の24ヶ月検診で。今回はイエローカード(ワクチンの記録が書かれているカード)ももらってきた。

上でも書いた下痢のことだけれど、風邪を引いている時に始まったから風邪のせいかと思っていたのだけれど、どうやら変な物を食べたのではないか、ということだった。思い当たるのは公園で犬の糞らしき物を触ってしまっていたこと。結局5日間ほどで収まったのだけれど、下痢よりも大変そうだったのはおむつかぶれだった。今までおむつかぶれになったことがほとんどなくて、まっかになったおしりを見るまでは、なんでこんなに機嫌が悪いのかよくわからなくてかわいそうなことをしてしまった。いつも使っているクリームよりもさらに強力なDesitineを使ってみたらあっというまに収まった。ほかにはワセリンなんかもいいみたいだ。

17ヶ月くらいから何をするにもぎゃーぎゃー叫んで嫌がり始めた。それをみた友達は、イヤイヤ期が始まったんだね、と言っていた。2才くらいからだと思っていたらどうやら始まってしまったらしい。毎日うんざりするけど、これもいつか良い思い出になるだろうと信じてなんとか乗り切ろうと思っている。もうひとつ問題は、たたくこと。言葉が出ないせいもあってばしばし叩いて来る。1才半くらいの子どもだといっても叩く力はものすごく強い。今取っているマミー&ミーの先生に相談してみたら、叩いちゃだめ、と言い聞かせるのと同時に叩くのではなくどうやって触ったらいいのかを説明することを薦められた。時間もかかるし、忍耐も必要。叩くのを止める前の2週間くらいは特にひどくなるらしい。パンチングバッグもいいわよ、と言われたけど、そんなの売ってるのかな。痛みを分からせるために叩き返したりするのはしたくないので(あんまりひどい時は本気で叩き返したくなるけど)しばらくは頑張るしかない。

そんな感じで毎日疲れ果ててブログの更新もままならない。子どもが二人も三人もいるママさん達はすごいなと思う。

写真の電卓はおもちゃではなく本物。先生が診察の時に子どもの気をそらすために使っていて、安いし簡単には壊れないしいいよ、と言っていたのであげてみた。あげたらすぐに耳に当ててしゃべり始めた。いや、これ電話じゃないんですけど。
[PR]
by lerot11 | 2009-04-05 07:24 | 赤ちゃんとの日々

15ヶ月検診へ

e0052044_10571217.jpg先日息子の15ヶ月検診へ行って来た。
体重12.4kg、身長81.2cm、頭囲48.2cmという結果で体重が前回よりも減っていた。体重計に乗るのがあいかわらず嫌いで動いていたせいで多分正確な数値ではない。こういうことはよくあるらしくドクターも心配はしていなかった。身長、頭囲は普通。
今回心配だったのはほっぺたとおなか、脇腹の肌が鳥肌状になっていたこと。いつものやりとりのあと、このことを質問した。家族にアトピーの人がいないので、単に敏感肌でしょう、ということで、保湿するように言われた。保湿剤もごく普通に処方箋なしでお店で売っているような大人も使えるものでよいとのこと。サンプル(AveenoとEucerinとAquaphor)をもらったので今はそれを試している。
言葉については、何かをしゃべってはいるけど、パパ、ママなどとはっきりしていない。ただ、指差しはする(欲しいものや興味のあるものを何度も指差したりするのを見るのはけっこう面白い)ので自閉症などの疑いはないだろうからドクターは心配はしていないとのこと。次回18ヶ月検診で言葉がでなかったら考えましょうということだった。
ダメとかNonと言うと頭をごんごんと壁や床にぶつけることを相談すると、無視してください、ということだった。ただしあんまりひどい場合は止めなければならないけれど。ちょっと気分は楽になる。あー、怒ってんのねー、という感じでやらせておく。
今回の検診であれ?と思ったのは,息子がドクターに笑いかけていること。今まであんまり機嫌の良かったことがないので。普段、散歩や買い物なんかの外出中に知らない人に笑いかけることは良くあったのだけれど、ドクターに自発的にっていうのはいままでなかった。
頭をごんごんっていうのともう一つ頭を悩ませているのは気に入らないことがあると、物を投げたりたたいたりすること。これも忍耐強く駄目っと言い続けるしかない。
また、ドクターから、ボールペンとかでお絵描きとかさせてる?と聞かれていたのだけれど、まだうちではお絵描きはさせていなかった。クレヨンなんかをきちんと持てるようになるのはもっと後だから、と思っていたから。でも実際に持たせてみると、けっこう楽しそう(案の定クレヨンの先をかじる)。またひとつ新しいことを発見できたからかな。
今回も川崎病の治療で使用されたIVIGのせいではしかなどの予防接種ができないので、Prevnarとインフルエンザの予防接種(2度目)をした。インフルエンザは大人と違って2回するんだそうだ。1本目は泣かなかった。初めてかも。2本目で泣いたけど。
次回は3月の18ヶ月検診。
追記(2008年12月30日):更新し終わった後、別の部屋からもどってきたら、なにやらしゃべっているのが聞こえた。見に行ったら、息子がおもちゃの携帯電話を耳に当てておしゃべりしていた。かわいい。育児書なんかにリモコンや携帯の動作を真似するとあったけど、本当だった。
[PR]
by lerot11 | 2008-12-31 11:40 | 赤ちゃんとの日々

Cache cache





e0052044_6423835.jpg


More
[PR]
by lerot11 | 2008-11-17 06:52 | 赤ちゃんとの日々

My son





e0052044_355835.jpg


最近のこと(13ヶ月)
[PR]
by lerot11 | 2008-11-01 05:09 | 赤ちゃんとの日々

川崎病のこと(10ヶ月)

そろそろ9ヶ月のことでもブログに更新しようかなあなどと思い始めた10ヶ月に入ったばかりの頃、息子が病気にかかってしまった。忘れないうちにここに書いておこうと思う。

月曜日
深夜3時頃、授乳のときに赤ちゃんの体がものすごく熱いことに気づく。熱を測ると101.3度。歯が生えているからかもと思い、タイレノールを飲ませる。
日中熱は下がったりあがったりをくりかえす。
火曜日
熱が下がらないのでお医者さんへ。いつもの先生はお休みだったので違う先生。
突発性発疹ではないかと言われる。3日たっても熱が下がらなかったらまたくるように言われる。
水曜日
熱は相変わらず高い。それに手に負えないくらいぐずる。私も先週木曜日からの風邪が治らず辛い。
木曜日
朝起きた時、充血しているのをみて、病院へ行くことに。熱は相変わらず下がらず発疹もでていない。病院へ行く前にネットで症状をチェックしたら川崎病が出て来た。この時点ではまだ突発性発疹だと思っていた。
ドクターは充血しているのをみて、症状に当てはまるのは、充血と高熱が続くことだけだけれど川崎病の可能性があるという。とりあえず血液検査をすることに。血液検査は息子の生まれた病院で。血管がなかなか見つからず息子は大泣き。
ドクターから連絡があり、血液検査では今のところ何とも言えない、翌日までに熱が下がらないようならもう一度くるようにと言われる。
金曜日
12時のアポイントメントで病院へ。やっぱり下がらないので川崎病の専門医を紹介してもらうことになる。
15時Children's Hospital Los Angelesへ。入り口でパスをもらい(シール)場所を教えてもらう。エレベーターには動物の名前がついている。キリンとかタイガーとか。広いので迷いそうになる。
初老の専門医はとても赤ちゃん慣れしている。問診の後エコーで心臓周辺の血管をチェック。部屋にはテレビも付いていて、エコーの技師さんやアシスタントの人たちがいろいろ面白いことをしてくれるけど、ここでも大泣き。まったく同じ症状の患者が最近来たそうなのだけれど、家族からアデノウィルスがうつっただけだったらしい。私も数日前からのどが痛いのでおそらくうつしてしまった可能性もあると言われる。先生にのどを見てもらったらまだ赤かった。これでかなりほっとする。それでも一応尿検査、血液検査をする。血液検査では、慣れた手つきですぐに血管が見つかってあっという間に終わる。それでももちろん大泣き。あとは尿検査が終わるまで待合室で待つ。旦那に抱っこされて眠ってしまう。子供の病院なので病気の子供がたくさんいる。また公立の病院なのでラティーノの子供達が多い。場所柄もあるんだろうか。時々叫び声が聞こえて来てそれが痛々しい。
尿検査もやっと終了し3人とも疲れ果てて帰途につく。熱は相変わらず下がらない。
土曜日
アデノウィルスなんだと思っているので気分的に楽に過ごす。それでもやっぱり充血は治らないし、高熱も下がらない。
日曜日
熱が下がらないようならまた来るように、という先生の言葉に従ってロサンゼルスの病院へ。血液検査などの結果、やっぱり川崎病だということで即入院、その日の夜からIVIGを開始。入院した部屋はもともとティーンの二人部屋なのだけれど、ベッドがすべて埋まっている状態なので赤ちゃん二人のクリブをいれて4人部屋になっている。本当は入院は二人部屋で、回復期は4人部屋になるんだけど、と看護師さんから申し訳無さげにいわれた。IVIGは12時間連続する点滴。点滴の針を刺すのがまた大騒ぎだった。看護師さん二人+旦那の3人掛かり。私はちょっと見ていられなくて後ろの方にいた。だめな母親だ。息子は腕を抑えられるだけで叫び始め、針を刺す段階になったらもう絶叫。ものすごく抵抗したらしく、針を刺した看護師さんの腕が後で痙攣していた。点滴が始まってちょっと落ち着いて来たら、看護師さんが様子を見に来たり体温を測りにくるだけで叫ぶ。看護師さんは、ごめんね、ごめんねを繰り返していた。こちらが申し訳なくなるくらい。
病院内にあるマクド(子ども病院にマクドってどうなんだろう)で夕食を買って食べる。旦那は12時頃に帰宅。私は病室に残る。クリブでは寝てくれないので一晩中だっこ。
月曜日
朝、朝食を電話で注文。赤ちゃん用の食事はあんまり選択肢がない。シリアルやチキンスープ、バナナくらい。ヨーグルトは1才からしか受け付けてもらえないみたいなのだけれど、薬を飲むのに必要なので頼む。プレーンはなかった。
旦那が着替えやコンピュータもろもろをもって来てくれる。11頃点滴がはずれる。といっても腕にはまだ針はささったまま。万が一まだ症状が出る場合のため。気分は楽になった。息子もそうらしく機嫌が良い。
3人のドクターが別々にくる。様子見のためもう一日入院。
同じ階にあるキッズスペースに遊びに行った。腕には点滴の針が外れないように添え木や包帯がぐるぐる巻いてあってまだ痛々しいけど、元気に遊ぶ。
昼食も電話で注文。朝と似たような感じ。
アスピリンを数時間置きに飲ませる。
夕食を食べさせた後、私はシャワーを浴びに行く。シャンプーやタオルなどは看護士さんにお願いするともらえる。
旦那は帰宅。
向かい側のベッドのラティーノの家族のテレビやおしゃべりがものすごくうるさい。家族の付き添いは一人なのに、両親そろって深夜まで大音量でテレビ。常識とかないんだろうか。うちも時々鳴き声がうるさいこともあるから苦情を出すにもだせない。
息子はとても疲れたのか、クリブで眠ってくれる。明け方5時頃看護士さんがきてアスピリンを飲ませたのだけれど、今までの人たちと違ってやりかたが強引で大泣き。
火曜日
朝早くにドクターたちが来る。熱もさがり、充血もおさまり機嫌もいい。帰宅後についていろいろ説明してもらい、アスピリンをもらって11時頃に退院する。
疲れていたようで車に乗ったら眠ってしまう。自宅に着いて、ちょっと起きていたけど午後早い時間に眠ってしまった。

翌日からは一日一回アスピリンを朝食時に飲ませる。

一週間後
検査のため朝8時のアポイントメントでロサンゼルスの病院へ。Cardiologyの待合室にはもう何人か待っている人たちがいた。体重、身長、体温をはかった後、エコー。てこずるかと思ったけど、入院前のエコーの時よりはずっとおとなしかった。テレビでおさるのジョージがやっていた。指の皮がむけているかチェック。3本だけむけていた。ドクターからは、エコーでは特に以上は見られないし、大丈夫だろうということだった。その後血液検査をして帰宅。次回は一ヶ月後。

一ヶ月後
朝8時のアポイントメント。前回と同じく体重、身長、体温をはかり、エコー。
実は前回の血液検査ではまだ多少数値が川崎病の症状があることをしめしていたみたいだけれど、今回はだいじょうぶらしい。普通の子と同じくらい元気だよ、と太鼓判を押される。アスピリンはもう止めても良いと言われる。また、MMRなどの予防接種はIVIGの治療を受けたらしばらくは効かないので22ヶ月まで待つように言われる。その後、血液検査。次回は来年。

ドクターによると、川崎病は遺伝でも感染でもなく原因不明だという。それでもやっぱり自分を責めてしまう。NICUにいた頃のことを思い出してしまった。
退院してからは元気にしているけれど、時々、また再発したら…、などと考えてしまう。
[PR]
by lerot11 | 2008-10-28 06:54 | 赤ちゃんとの日々

Me Time





e0052044_8273956.jpg


More
[PR]
by lerot11 | 2008-09-07 08:36 | 赤ちゃんとの日々

9ヶ月検診のこと、他




e0052044_604627.jpg


More
[PR]
by lerot11 | 2008-07-04 06:00 | 赤ちゃんとの日々

8ヶ月のこと




e0052044_304551.jpg


More
[PR]
by lerot11 | 2008-07-02 03:26 | 赤ちゃんとの日々

7ヶ月のこと

e0052044_1117152.jpgもう6月に入ってしまう。息子は現在8ヶ月に入った。毎日が同じようで少しずつ違っていて、いつの間にか一ヶ月経ってしまっている。
忘れないうちに7ヶ月の事を書いておこうと思う。
6ヶ月が寝返りの月だとしたら、7ヶ月はつかまり立ちの月。ずりばいもはいはいもしないうちにつかまり立ちをするようになった。ベビーベッドの柵につかまって立ち上がり、途中尻餅をついたりしつつも5分くらいかけて一周する。尻餅をついたはずみで反対側の柵にぶつかりそうになったりすることもあるものだから、こちらはハラハラ。ベビーベッド以外ではソファでつかまり立ちと伝い歩き。ここでも尻餅をついてもいいようにクッションを置く。ますます目が離せなくなった。
6ヶ月頃から夜なんども起きるようになったのだけれど、とりあえずちょっとだけ涼しくなったので夜はブランケットでぎゅっとくるんでみたら起きる回数はちょっと減った。何度も起きていたときは、その度に授乳していたのだけれどそれを止めて、授乳せずに寝る姿勢を変えたりしてみた。今のところは夜中の授乳は2回。でもまた暑くなったら逆戻りかもしれない。
7ヶ月に入ってから離乳食は一日2回に。内容もおかゆやその他の野菜の種類を増やしてみた。食事のとき、最初の一口は毎回小指の先程しか食べない。その後はぱくぱく食べる。お毒味してるみたいだ。
毎日近くの公園に散歩に行っている。もう半年近く毎日しているので、おぼえられてるみたいで、だんだん大きくなるね、などとよく声をかけられていたのだけれど、写真のサングラスをつけ始めてからさらによく声をかけられるようになった。カリフォルニアはとても日差しが強くて大人でも日中はサングラスは必需品なのに赤ちゃんに必要ないはずがないと思っていたら偶然自然派マーケットで見つけたので購入。つけて見るとなんだかゴーグルをつけてるみたいでちょっと変なので笑われないか心配だったけど、ふたを開けると結構評判がいい。
今月は9ヶ月検診がある。順調に育っているとは思うけど、さすがに3ヶ月も空いてしまうと心配。
近所の学校のベビークラスに登録した。6月中旬から始まる。ちょっと楽しみ。
[PR]
by lerot11 | 2008-06-01 11:54 | 赤ちゃんとの日々

6ヶ月のこと





e0052044_739128.jpg


More
[PR]
by lerot11 | 2008-05-04 07:59 | 赤ちゃんとの日々