日々これ好日

カテゴリ:今日の妊婦 入院生活ー出産まで( 16 )

21/09/2007 入院17日目 退院。

午前1時頃、搾乳。少しだけ。旦那がNICUへ届けに行く。
午前4時半頃、搾乳。少しだけ。旦那がNICUへ届けに行く。
7時過ぎ、搾乳。ほんの少し。旦那がNICUへ届けに行く。
看護士さんが来て、今日の退院までの面倒を見てくれる人を紹介してくれた。その後出生届の担当の人と会う。
8時前、ドクターが来る。おなかのチェックをして少し話す。念のため痛み止めを処方してくれた。痛みは不思議とないので(引き攣り感はあるけど)いらないかも、とは思うけど、何があるか分からないしもらっておいた方がいいだろう。次回は6週間後。
8時過ぎ朝食。
9時15分前にNICUへ母乳訓練しにいく。NICUに入る前には3分間手を洗ってから入ることになっている。この時、ソーシャルワーカーから声をかけられた。今日のお昼、NICUに入っていた子供と親達の集まりがあるから来ませんか、ということだった。とりあえず退院までは時間があるから行く事にした。
10時20分頃、搾乳。以前より多少はましって言うくらいとれる。
退院を担当する職員や書類関係を担当する職員などが次々と部屋に来る。このときに、出生証明書やソーシャルセキュリティナンバーの申請などをする。
お昼過ぎ、NICUの集まりへ行った。小さな部屋だったのですぐ一杯になった。子供達はみんな元気でNICUにいたとは思えない。話を聞いていると、早産で生まれただけでなく、なんらかの問題があった子供が多い。生まれてすぐ手術した子供や、頭に手術のあとがのこっている子供もいた。でもお母さん達はみんな明るい。
退院前にもう一度NICUへ行く。明日からNICU通いが始まる。
退院時は病院のポリシーとかで、かならず車いすで退院することになっているそうで、全然問題なく歩けるのに車いすが運ばれてボランティアの人に押してもらった。
入院生活17日間。本当に長かった。

追記(2007年12月8日):出産から6週間後の10月末、産婦人科へ。ちゃんと回復していて特に問題はないそう。次回の妊娠でも同じ事が起きるのかどうか聞いたけれど何とも言えないと言われた。まだ次のことはとりあえず考えられない。
[PR]
by lerot11 | 2007-10-26 03:21 | 今日の妊婦 入院生活ー出産まで

20/09/2007 入院16日目

2時頃搾乳。昨日の初回よりは少しは出たかも。ポンプの使い方も慣れてきた。旦那がNICUまで持っていく。赤ちゃんは眠っていたそうだ。
5時搾乳。水分が足りないのか出が今ひとつ。ポンプのカップの位置が悪いみたいで、下に流れてしまった。もったいない。マッサージしたほうがいいんじゃないの?と旦那は言う。一度看護士さんにきいてみたほうがいいかも。
7時ちょっと前、血圧、検温。血圧がいつもより高いのに驚く。看護士さんからは大丈夫だと言われた。痛み止めが必要か聞かれたけど、とりあえず痛みというより引き攣っている感じ(歩くときはなんとなく前屈みになってしまう)なのでもらわなかった。
7時15分頃、血液検査。
8時前にドクターがくる。会陰裂傷の縫ったところはだいたい2、3週間で痛くなくなると言っていた。
8時過ぎ朝食。Cranberry Juice、Fresh Fruit Cup、Cream of Wheat、Bacon、Denver Omelet、Wheat Toast、Decaf Tea、2% Milk。Denver Omeletはチーズが挟んであって上にはハムとパプリカのみじん切りが乗っていた。旦那にもお裾分け。
9時過ぎ、搾乳。今回もあんまり搾れなかった。水分はかなりとったつもりだったのに。その後、NICUへ赤ちゃんに会いにいった。そこでドクターから、今日は授乳に挑戦すると言われた。まずお水を飲ませてみて、様子をみて3時間後にということだった。看護士さんによると赤ちゃんはとても元気だそうだ。眠っていたけど結構手足を動かしている。急に胸の辺りがきゅっとへこんだのでびっくりしていたら、じつはしゃっくりだった。体全体がしゃっくりしていた。おなかの中でもこんなに動いてるから感じられたんだね。
NICUの後、旦那が自宅へ。洗濯しないと着るものがもうないそうだ。牛乳を途中で買って、洗濯して、メールチェックをして、シャワーを浴びると言っていた。
12時過ぎ、昼食。Minestrone Soup、Flank Steak with Carmelized Onions、Brown/Wild Rice Pilaf,Green Beans、Wheat Roll、Fresh Fruit Cup、Decaf Tea、Lemon Packet。
1時半頃、搾乳。搾乳中に旦那が戻って来る。今回はわずかな量だけどとれた。旦那がNICUへ持って行った。
3時頃NICUへ行く。赤ちゃんが吸えるようにするためのトレーニングのため。始める前に赤ちゃんのおむつの取り替え方を教わる。おむつを開いたところで黒緑っぽい便が見えた。看護士さんが拭き取り方を見せてくれた。拭いている途中で風船みたいにさらに便が出てきた。結構ごしごし拭いている。おむつをつけるところはやらせてもらう。フットボールと呼ばれる横抱きの姿勢で赤ちゃんをだっこして、挑戦する。でも赤ちゃんが眠くてしかたなかったらしく、4回くらい吸ってくれたけどあとは乳首が口に入っているだけの状態だった。左右両方でで試しても同じ。気長にやらなきゃならないだろう。
保険会社の人や、ソーシャルワーカー、赤ちゃんのフィジカルセラピストに会う。明日話を聞く予定。最後に、赤ちゃんがどんなふうにミルクをもらっているのかを見せてもらった。タイミングは3時間おきで、今回は16cc。1ccずつ増やして行くそうだ。そのなかには私の母乳も混ざっている。自分で吸えないので細い管を口から胃の中に入れて注入する。
4時半過ぎ旦那がいったん自宅へ戻る。泊まる準備をしてまた戻ってくる予定。
5時くらい前から隣の部屋で女の人が叫んでいる声が聞こえたあと、赤ちゃんの泣き声が聞こえた。
e0052044_3184397.jpg5時過ぎ、夕食。今夜はParent Celebration Dinnerということで、旦那の分も出る。Caesar Salad,Stuffed Chicken Breast、Asparagus、Carrot、Baked Potato Stuffed with Mashed Potato、Wheat Roll with Butter、Dessert of the day (N.Y. Cheese Cake)、Sparkling Cider、Low Fat Milk、Tea。
食べては行けないと頭では分かっていてもやっぱりチーズケーキを食べてしまった。母乳にはきっと良くない。おまけに紅茶もカフェインレスだと思って飲んでしまったけど、実は普通の紅茶だった。大丈夫かな。
今日夕方くらいかインターネットが繋がりにくい。まあ明日退院のはずだからいいけど。退院と言えば、まだ誰からも今日退院とは言われていない。今朝ドクターに聞くべきだった。基本的には分娩日、休養、退院という感じだから明日のはず。誰からもなにも言われないっていうところが不思議。一日の部屋代もものすごく高いはずだから(聞いた話だと一泊$2000)早めに出たい。
6時半から搾乳。わずかながら出る。旦那が母乳を届ける。
7時過ぎ、友人カップルが赤ちゃんを連れて遊びにきてくれた。お祝いにくまのぬいぐるみをくれた。彼らの赤ちゃんのとおそろい。8時過ぎからなら二人まで(そのうちの一人は家族)ならNICUへ入ることができるので、友人達をそれぞれ連れて行く。見に行ったらお風呂に入れてもらった直後ですっかりきれいになっていた。
9時に赤ちゃんの母乳訓練のためNICUへ。行ったらちょうどおなかがすいて大泣きしているところだった。口を大きく開けて乳首をくわえてもらうところまではなんとかできても、その後数回吸って終わり。ポジションを変えたりいろいろしても変わらない。持って行った母乳と混ぜたミルクをチューブであげる前に、看護士さんが胃の中に残っているものをチューブで吸い取ったら、どうやらちょっとしか吸ってくれなかったわりにちゃんと母乳らしきものが入っているみたいだった。訓練の後は、旦那がおそるおそるだっこ。
11時半頃搾乳。少しだけ。
[PR]
by lerot11 | 2007-10-26 03:19 | 今日の妊婦 入院生活ー出産まで

34W03D 19/09/2007 入院15日目 Today is the day !

12時頃抗生物質。陣痛の痛みを訴えるけど、お水をたくさん飲んでトイレにいきなさいと言われるだけ。2時からモニターの予定だけど、すでに陣痛の回数は増えている。これは陣痛の合間に書いている。陣痛のときは呼吸法で乗り越える。やっぱり今日産むんだろうか。ものすごく痛いから、これは絶対薬じゃ止められないと医学的な知識がない私は本能的に思うのだけれど、夜勤の看護士さんたちはそうは思わないみたいだ。止められないところまで来ているのに薬で止めようとするのはいくら赤ちゃんのためとはいえ非人間的だと結構頭に来た。
7時半、看護士さんが来て、血圧と体温を計る。今日分娩かどうか聞いたら分からないと言われた。その後しばらくしてうれしそうな顔で今日と言われた。入院して気づいたけど、看護士さん達はやっぱり分娩に関わるのが好きみたいだ。その後子宮口の開き具合をチェックしたら既に6cm開いていた。その時点でだんなに電話。epiduralをお願いする。看護士さんが点滴を始める。陣痛がすこしらくになる。看護士さんによるとepiduralを使うと痛みを感じるかわりに圧迫感を感じるらしい。epiduralをした後に陣痛を促進する薬を使うそうだ。何時頃に出産になりそうか聞いたら、彼女の予測では11時頃と言われた。
早速旦那到着。
8時半ごろ、手の甲で血液検査。腕よりも手の甲のほうが痛い。
看護士さんから、あなたは強いから赤ちゃんもきっと強いと思うと言われる。なんで強いと言われたかというと、今朝の陣痛が17回もあったのに一度しかcomplainしなかったからのようだ。でも本当に痛くて仕方がないときに、夜勤の看護士達に痛いっていったのに何にもしてくれなかったから(姿勢を変えるとかマッサージをしてくれるとか)自分で耐えたんだよ、と思ったけどそれは言わなかった。それほど強い痛みじゃなくても痛いって言う人が多いのかもしれない。
9時頃、麻酔医が部屋に来てepidural。帝王切開の患者がいるとかで忙しかったらしく、ものすごい早口で説明され、とりあえず脊椎に針を刺し麻酔薬を注入。前屈みの状態で背中を丸くする。針は痛いと聞いていたけどそれほどでもない。1時間半でききめが切れるという。一時間半後に来てきちんと点滴に接続することになった。20分後くらいで薬が効き始める。足のつま先は動くけど、下半身の他の部分はあんまり感覚がなくなる。手で触っても冷たくてなんだかゴムを触っているみたいだ。
看護士さんが陣痛のモニターをチェックするため部屋に残る。この看護士さんは前にも一度来てくれた人で、無口だけど働くタイプの人。
10時過ぎOxytocin(陣痛促進のため)を加える。
10時半頃、子宮口8cm。
e0052044_31252.jpg10時40分ごろ、なんとなく陣痛を感じるなあと思っていたらepiduralが切れそうになっていた。麻酔医が点滴を設定に来た(Bupivacaine HCl 0.0625% 12 ml/時)。 Oxytocin 18 ml/時。
11時頃、 導尿のカテーテルを入れられる。膀胱に尿がたまって赤ちゃんが邪魔されるのを防ぐため。当たり前だけど麻酔のためまったく痛みを感じない。
12時36分、子宮口が9.5cm。旦那が私の分の昼食を食べる。私の方は昨日の夜から何にも食べていないのでおなかがぺこぺこ。
Oxytocin 12 ml/時。

1時40分、Bupivacaineの点滴がとまる。麻酔を切られる。

2時40分、いきみ開始。看護士さんから、陣痛を感じたら3回息むように言われる。言われた通りやること20分。このあたりから、知らない人たちが7、8人部屋に集まりだす。NICUの人たちみたいだ。すこしずつ頭が見えてきた。看護士さんから、ほら、髪の毛が見えるよ、と旦那がいわれ、ちょっとびっくりしていた。胸焼けがなかったから、髪の毛の少ない赤ちゃんが生まれると思っていたらしい。ドクターがやってきて、陣痛にあわせてさらにいきみを続ける。とっている姿勢は赤ちゃんとベッドが平行になっているような感じで、スクワットのように重力を利用できなかったのが残念。次回(万が一次があれば)スクワットを試してみたい。
頭が出てきて耳を押し出すところが一番きつかった。いったん頭がでるとあとはずるっとあたたかいかたまりが出てきた。

3時32分、誕生。
赤ちゃんはそのままNICUの人たちがケアをしてくれた。このとき旦那はへその緒を切ったようだ。NICUへ行く前に触らせてくれた。あんまり実感がわかない。ドクターは私のおなかに残っている胎盤などをずるずると取り出していく。しばらくするとちくっという感覚がしたので見てみたら、自然に切れてしまったところを縫っているところだった。結構切れているかどうか聞いたら、普通に会陰切開するくらい切れてます、とのこと。ま、仕方がない。昨日のドクターと看護士さんの会話から多分私の場合2度会陰裂傷だったらしい。

旦那が家族や友人にメールしたり電話をしにいった。一時間くらいぼーっとした後、看護士さんと出産後初めてトイレに行く。麻酔の間尿管に管が入っていたので、おしっこのときはちょっと痛む。洗浄ボトルや大きなナプキンと痛み止めのスプレーと洗浄綿の使い方を教わる。 

5時頃夕食。
シャワーを浴びる。
7時仕事に行っていた旦那が自分の夕食を持って戻って来る。
8時、NICUに行って、赤ちゃんと対面。保育器に入っていた。全身ピンク。こんなに小さいのにもう点滴に繋がれていた。血液検査をするために看護士さんがかかとに針を刺したら、頼りない声をあげていた。痛かったんだね。5lbs 10 oz(2,551g)、18.5 inches (46.99 cm)。看護士さんからは、とても元気だと聞かされる。いろいろ説明をされるんだけど、ものすごく疲れていて右から左っていう感じ。赤ちゃんの血圧がとっても低いのにびっくりした。上が50くらいで下が24くらい。だっこをさせてもらった。あったかい。目を開けたところを見たことがなかったので、看護士さんにそういうと、暗くすれば目をあけてくれるよ、と少しだけライトをおとしてくれた。そうしたら本当に目を開けてくれた。まだ目の色はわからないけど、髪の毛も黒いし、どっちかというとアジアっぽい顔立ちかも。まだわからないけど。まだおっぱいを自分では吸えないので2、3週間はここにいることになるという。ちょっとがっかり。NICUにいる間も母乳を持ってくればあげてくれるということなので搾乳することにする。
10時半過ぎ、搾乳機の使い方を看護士さんに教えてもらい、搾乳に挑戦。搾乳機はポンプから哺乳瓶までの部分と、ポンプを動かすモーター部分に分かれていて、ポンプから哺乳瓶までは病院からもらえる。モーターの部分はレンタルしてくださいっていうことか。左右同時に20分間。結果は数ミリリットルという感じ。
旦那がNICUまでほんのわずかな母乳を持っていった。初めてにしては上出来だと言われて戻ってきた。プラスチックの哺乳瓶と名前の入っているシールをたくさんもらった。今夜は部屋に泊まってくれたり、ポンプの部品を洗ってくれたり、時間や量を記録してくれたり、旦那がいろいろしてくれて助かる。
搾乳機については病院で使用しているレベルのポンプもレンタルできる。その場合、保険が出るらしい(契約にももちろんよるけど)。まだどうするかは決めていない。
センナと子宮収縮時に起きる痛み止め。
長い一日だった。
[PR]
by lerot11 | 2007-10-26 03:04 | 今日の妊婦 入院生活ー出産まで

34W02D 18/09/2007 入院14日目

夜中の2時にモニターを開始。陣痛がかなり頻繁にきてるようだ。以前の圧迫感だけの陣痛と違って腰の方までくる。それから痛み。陣痛止めの薬をもらう。
4時前くらいにいったんモニターから解放されたのだけれど、もう一度モニターに接続された。また、水分補給のためにまた点滴。水を飲むのとはやっぱり違うらしい。
8時前に看護士さんと話す。陣痛が多いからもしかしたら今日産むことになるかもよ、と言われる。破水
8時過ぎ、朝食。Prune Juice,、Scrumbled Eggs、Wheat Toast、Decaf Coffee、2% Milk、 Fresh Fruit Cup。
朝食の後、抗生物質と陣痛を止める薬を注射される。ドクターの決定を待つ間の処置。もっと週数がいっていれば分娩がんばろう、とか思うのだけれど、今産んでも赤ちゃんがしばらく病院にいなければならないと思うと、もうちょっとおなかにいて欲しいと思う気持ちの方が強い。
9時半頃ドクターが来る。とりあえず陣痛を止めて妊娠を継続させる方向だと言う。おなかの中の1日はNICUに2日いるのと同じ価値がある、と言っていた。今日の分娩はないらしい。
e0052044_2372089.jpg担当の看護士さんがきて、ちょっと話をしたら、どうやら二人の看護士さんが、分娩した方がいい、陣痛を止めた方がいい、とそれぞれリポートしていたようで、担当の看護士さんがちょっと先走ったことを言ってしまった、と言っていた。でも34週といえば赤ちゃんも大分できあがっているから生まれても大丈夫っていうこともあるし、判断は難しいのかもしれない。
看護士さんが入ってきて、先生と話したことを説明してくれた。陣痛止めの注射を3回打って陣痛が収まらないようなら分娩ということらしい。明日あさっての可能性もあるし、一週間後の可能性もある。一週間後になってくれるといいなと心から思う。それにしても状況はころころかわる。
11半ごろ。二度目の注射。4時までモニター。薬が効いたみたいでモニターから解放される。注射の後、12時過ぎ、昼食。
4時過ぎにシャワー。
5時過ぎ夕食。7時過ぎ友人達が来る。陣痛を感じ始める。
8時半頃、モニターに繋がれる。その後、夜ご飯を持っていた旦那が来る。陣痛用のマッサージ道具を買ってきてくれた。
9時24分、痛みが強いので看護婦さんを呼ぶ。モニターの動きをみた看護士さんは、That was a nice one.と言った。力が抜ける。本当に痛かった。 これが続くなんてと思うと不安。結局ここで3本目の注射をされる。注射の直後はかなり楽になる。でもやっぱり時々下腹部通を伴う陣痛が波のようにやってくる。一時間に3回ほどだと言うと、まだ大丈夫、とのこと。全然大丈夫じゃないと思う。
10時過ぎ、病院に泊まろうかという旦那を、何かあったら携帯に電話するから、と帰す。
[PR]
by lerot11 | 2007-10-26 02:37 | 今日の妊婦 入院生活ー出産まで

34W01D 17/09/2007 入院13日目

12時頃8時間おきの抗生物質。
2時からモニター。なんどか陣痛があったもののそれほど強くないということで、薬は飲まず。
7時半頃に目が覚めるまで、何度か夢を見る。その間に陣痛を感じる。生理痛のような痛み。
8時頃、抗生物質。看護士さんに陣痛のことを話すと、すぐに薬を持ってきてくれた。また一時間のモニター。
8時過ぎ、朝食。Prune Juice、Fresh Fruit Cup、Oatmeal、Cheese Omelet、Wheat Toast、Decaf Tea、2% Milk。
食後インターネットをしたり、うとうとして過ごす。
11時頃友人から電話。気分がまぎれる。
e0052044_2334436.jpg12時過ぎ昼食。Chicken Noodle Soup & Crackers、Italian Style Beef Pot Roast、Broccoli、Wheat Roll、Chocolate Chip Cookies、Decaf Coffee。メインの牛肉はなかなか美味しかった。付け合わせのブロッコリは茎まで長くきってあった。繊維のため?
1時少し前、旦那が来る。昨夜したこととか会社のことを話す。お昼休みに来ているのでちょっとだけいて帰った。
2時からモニター。その間に旦那が図書館で借りてくれたDVDを見る。地元の一番大きい図書館はDVDがおいてあるのだけれど、以外とレアなものが多い気がする。ヨーロッパ映画は結構豊富。下手にビデオ屋にいくよりもなかなかいいと思う。どうしても日本語字幕が必要って言う訳ではなければ。でも予約するのに75¢っていうのがなんだか納得いかない。
"La carriere de Suzanne" (1963)、Eric Rohmer。Six comptes morauxの第2作目。Six comptes morauxはたいてい男性が他の女性に魅かれるのだけれど、最後はもとの女性に戻っていくっていうシナリオの6つの映画。この映画ではドン・ファン気取りの男が出てくるのだけれどこいつがJerkでみててなんだかやになってしまった。
3時半頃モニターから解放される。抗生物質、陣痛止め。
4時過ぎシャワー。
5時20頃ドクターが来る。陣痛が来るとちょっといたいけど、というと、大丈夫だから、という。超音波の結果を聞きにいくと言っていた。
6時頃夕食。Tomato Slice,Carolina Pulled Pork Sand、Whipped Potatoes、Succotash、Wheat Roll、Frosted Confetti White Cake、Decaf Tea、Lemon Packet。Carolina Pulled Pork Sandはトマトソースで柔らかく煮た豚肉(豚肩肉)をハンバーガーバンズに挟んである。ジューシー(煮てるんだから当たり前か)でなかなか美味しい。Succotashはコーンと空豆(Lima beans?)をゆでてある。ネイティブアメリカンの料理?
8時頃、今日はこれないかもしれないと思っていた頃旦那が来る。
8時20分頃モニター。
9時前に旦那が帰った。これから夜ご飯を作るんだそうだ。
[PR]
by lerot11 | 2007-10-26 02:34 | 今日の妊婦 入院生活ー出産まで

34W00D 16/09/2007 入院12日目

12時過ぎあんまり眠れなかったので出産後のケアに関する冊子を読む。
結局6時くらいまで細切れ睡眠。
6時、血液検査、検温、血圧チェック、陣痛&心拍数モニター開始。一時間。何回か陣痛があったけど大丈夫そう。眠っていて分からなかった。看護士さんからは、強めの陣痛を感じたら呼んで、と言われる。
8時、日勤の看護士さんから抗生物質をもらう。検温、血圧チェック。旦那が超音波検査に立ち会いに来たけれど、肝心の超音波検査の技師が来ない。混んでいるみたいだ。
8時半近くになって朝食。Prune Juice、Fruit、Cream of Wheat、Scrumbled Eggs、Bacon、French Toast with Syrup、Decaf Coffee、2% Milk。
10時頃、検温、血圧チェック。看護士さんから超音波は10時半頃になりそうと聞かされる。
11時少し前にクラスメイトが会いにきてくれた。病院の教会に来た帰りだそうだ。学校の話や旦那の出張の話などをする。その間、ちょうどドクターも来た。陣痛のことなどを伝えたけど、とりあえずこのまま36週くらいまで行こうということになった。あと2週間も?ICUにいるよりも全然おなかの中にいてくれる方が安心だからだそうだ。おなかが一番の保育器だと言っていた。
11時半頃に超音波検査。サイズを測定する。推定体重だけど、といって技師の人が教えてくれたのは5パウンド9オンス(2.522kg)。300グラムくらいの誤差があるとしてもとりあえず2キロはこえてくれた。超音波を見届けた後、旦那はCOSTCOへ買い物。
e0052044_2292465.jpg12時過ぎ、昼食。Three Bean Salad、Chicken quarter baked with Herbs (Rosemary)、Rice Piraf、Steamed Zucchini、Wheat Roll、Diet Strawberry Sorbet、Decaf、Lemon Packet。サラダにはキドニービーンズとしろいさやえんどう、ひよこ豆、紫タマネギ、パプリカが入っていて美味しかった。チキンもなかなか。シャーベットが消毒っぽい味がしてまずい。
ちょうど食べ終わったこと旦那が自分のランチを持って来る。
1時少し前に収縮&心拍数モニターをする。何回か陣痛を感じた。旦那がいったん自宅へ戻る。車のライトの電球が切れたから取り替えなければならないそうだ。
夜にちゃんと眠れなかったせいでうとうとする。
4時過ぎ、検温、血圧チェック。抗生物質とセンナ。
5時少し前にシャワー。
5時頃夕食。Corn Chowder、Shepherd's Pie、California Blend Vegetables、Wheat Roll、Pineapple Chunks、Decaf Tea、Lemon Packet。Shephard's Pieは食べたことがなかったのでオーダーしてみた。インターネットで調べたのとはちょっと違っていて、マッシュポテトではなくスライスしたポテトだった。仏料理だとHachis parmentierらしいけどどうみても違う料理だ。付け合わせはブロッコリー、カリフラワーと人参。
食べている最中に旦那がお弁当をもって戻ってきた。赤ちゃん服、シーツの洗濯、クリブの組み立てなどをしてくれた。
6時過ぎ、収縮&心拍数モニター開始。開始後10分で陣痛2回。どこかでチェックしていた看護士さんが陣痛止めを持ってきた。しばらく継続してチェック。
7時過ぎ、旦那が帰る。
8時過ぎモニターから解放される。検温、血圧チェック。次回のモニターは午前2時…。
10時、検温。
[PR]
by lerot11 | 2007-10-26 02:29 | 今日の妊婦 入院生活ー出産まで

33W05D 14/09/2007 入院10日目

12時頃体温と血圧のチェック。ちょっと眠ることにする。
2時過ぎ体温チェック。収縮&心拍数のチェックを一時間。一時間後、看護士さんが来たときは眠くて仕方なかった。でも一応陣痛があるか聞いたら、動きはあるけど多分irritableだと思うと言われた。看護士さんから何か感じたか聞かれたけど、眠ってたから何にも感じなかった。なんにせよ陣痛でなくてよかった。
水を飲まなきゃいけないと思いつつそのまま寝てしまう。
4時頃体温、血圧チェック。抗生物質。
6時ちょっと前に目が覚める。水が美味しい。体温チェック。
7時半頃朝食。Apple Juice,Multi-Grain Pancake with syrup、Hot Chocolate、2% Milk。パンケーキにはブルーベリーソースがのっていた。オーダーしてあった果物とシリアルがついていなかったけど、量はちょうど良かったかも。
8時20分頃から収縮&心拍音モニターと体温、血圧チェック。このあとすぐにドクターが来て少し話す。このまま続けましょう、ということだった。シャワーは毎日浴びてOK。
9時20頃モニター終了。眠っていたから分からなかったけど、一度だけ陣痛があったらしい。一時間に一度なら全然問題ない、と言われる。
10時頃、体温チェック。抗生物質と便秘薬。
とにかく眠い。
今日の看護士さんは口数が少ない。でもしょっちゅうみにきてくれる。ついさっき水と氷といっしょにスプライトを持ってきてくれた。
e0052044_2221974.jpg12時すぎ昼食。Chicken Egg Drop Soup and Crackers、Turkey Scallopini,Yellow Squash、Wheat Roll,Lemon Bar、Decaf Tea,Lemon Packet。今日のメインのターキーは小麦粉をまぶしてトマト、アボカド、チーズと一緒に焼いたイタリアン。量は3オンスということで小さいけど量はちょうどいい。甘いものが止められず今日もデザートにレモンタルト。甘かった。
2時過ぎ収縮&心拍数モニター。一時間ほど眠ったら看護士さんがやってきて、陣痛が来てるからと薬を飲まされた。寝ていてあんまり感じていなかった。モニターはそのまま継続。なんとなく生理痛のような鈍い痛みを感じていたら、看護士さんがきて、大丈夫そうだから、とモニターを外してくれた。
4時少し前にシャワーを浴びた。気持ちいい。
5時少し前に夕食。Seafood Chowder、Filet of Cod with Ginger-Soy Marinade,Whipped Potatoes,Wheat Roll、Yellow Cake、Decaf Tea。
5時頃旦那が来る。クッキーを持ってきてくれた。メインが魚だったことを話すと、金曜日だしカトリックの病院だからだと言っていた。子供時代は学校の食堂では必ず金曜日は魚だったそうだ(デザートはいつもグレープフルーツだったとかで、いまだにグレープフルーツが嫌い)。
6時くらいに抗生物質。
8時過ぎに旦那が帰る。いまだに出張先の時間帯が抜けないらしくとても疲れている。かわいそうだけど、ベビザラスへカーシートを見に行ってもらう。
9時半過ぎ、収縮&心拍数のチェック。日本人の看護士さんが担当で、産後のケアについての冊子(日本語版)をくれた。読みながらうとうとした。陣痛はあったようなのだけど、規則的ではなく目が覚めるような痛みもないのでとりあえず問題なし。看護士さんから、三つ子を妊娠している人が入院している話を聞いた。週数もかなり早いみたいだ。
12時頃抗生物質。空腹に薬を飲むのは良くないからと言ってクラッカーを持ってきてくれた。
[PR]
by lerot11 | 2007-10-26 02:23 | 今日の妊婦 入院生活ー出産まで

33W04D 13/09/2007 入院9日目

夜中の1時、抗生物質。2時からモニター。陣痛を感じる。今までは下へ向かう圧迫感だったのが、このところ尾てい骨の方へひろがっていく感じがする。とにかく水を飲みトイレに行き左を横にして寝るようにする。この日の夜は立て続けに出産があったそうだ。昨日は何にもなかったのに、と言っていた。赤ちゃん、外に出たいんだねえ、と言われる。6時半頃に陣痛止めを服用。
7時前にドクターが来る。赤ちゃんにはまだいてもらうからね〜ハハハ、と笑いながら帰っていく。
メールをチェック。妹と義母から来ていた。
8時少し前に血圧と体温。問題なし。
朝食は、Apple Juice、Grits、Raisin Bran、Cheese Omelet、Wheat Toast、Herbal Tea、2% Milk。果物のかわりにグリッツが来た。おかゆっぽいものが食べたかったからまあいいか。
昨夜あんまり眠れなかったので少し眠る。
10時頃、血圧、体温チェック。
10時半頃、抗生物質と便秘薬をもらう。
e0052044_2185618.jpg12時ごろ昼食。Tortilla Soup、Cottage Cheese Fruit Plate、Wheat Roll、Brownies、Decaf Tea、Lemon Packet。今日のお昼はかなり軽めと思ったけど、最後のブラウニーが重かった。上に乗っていたチョコレートクリームは取り除いたもののそれでもまだ重たい。
食事中に栄養士さんが来る。体重、身長、アレルギーなどの質問をされる。じゃあ、お肉はなんでも食べられますね、と言って出て行った。
食後、体温、血圧チェック。
今週火曜日から始まった学校に来ないことを変に思ったクラスメイトから電話があった。携帯は繋がりにくいから連絡しなかったのだけれ ど、やっぱり何人かは無理しても知らせるべきだったのかも。一人だけ知らせていた人は明日まで学校には行けないと言っていたから。心配させてしまったみたいだ。
1時ちょっと前、陣痛&心拍数モニター開始。とにかく水をたくさん飲むようにする。
1時過ぎ昨日も来てくれたクラスメイトがケーキをもってひょっこり遊びにきてくれた。看護士さんが入ってきて、点滴のチューブを接続するところにフラッシュするね、と液体を注入していった。すーっと冷たい感覚。フラッシュってなんなんだろう。
2時頃にモニターを外すからそのときシーツも交換することになっていたのだけれど、待てど暮らせど誰も来ない。看護士さんたちきっと忙しいんだろう。別に急いでないので心拍音を聞いていた。3時を過ぎてモニターから解放され、シーツ交換をしてもらっているときに、旦那が来た。いただいたケーキを食べた。夕方会議があるから5時には戻っていった。この間、http://www.diapers.comでおむつやその他必要になりそうなものを注文。Parenting誌に入っていたクーポンを使用。$50以上だと送料無料、$75以上は5%のクレジットがもらえる。なによりいくつものお店を走り回る必要もないので便利。来週火曜日配達予定。
夕食は、Tomato Slice、Swiss Steak with Vege Gravy、Whipped Sweet Potato、Green Bean Blend、Wheat Roll、Berry Crisp、Decaf Tea。Swiss Steakはタマネギのはいっていない薄いハンバーグみたいな感じ。Berry Crispはフランボワーズをつぶしたのにグラノーラが混ざっている。なにかのトッピングみたい。上に乗っていたホィップクリームは取り除く。
6時過ぎ、血圧と体温チェック。これまで特に強い陣痛は感じていない。やっぱり水をたくさん飲んでいるのがきいているんだろうか。おなかはがぼがぼ。
6時半、抗生物質。
8時から収縮&心拍数モニター。7時くらいからときどきぎゅーっていう圧迫感を感じていたのでそれを伝える。9時の終了直前にもまた来たので陣痛を感じると言ったのだけれど、看護士さんによると陣痛というよりirritatingなんだろうと言われた。いまひとつ良くわからない。でも念のため陣痛止めを飲む。このところ夜になるとちょっとナーバスになっているのかもしれない。2時間ごとに体温を測ると言われた。夜細切れ睡眠なのがちょっと辛い。次のモニターは2時半頃。
9時過ぎ旦那から電話。乾燥機をまわしてると言っていた。家で一人だとなんでもやらないといけないから大変そう。私はただベッドにいるだけ。
10時過ぎ、体温チェック。便秘用の薬をもらう。
10時半過ぎ、隣の部屋から女性の叫び声が聞こえた。しばらくして赤ちゃんの泣き声。生まれたみたいだ。赤ちゃんの声は今まで何度か聞こえてきたけれど女性の声は初めて。
[PR]
by lerot11 | 2007-10-26 02:19 | 今日の妊婦 入院生活ー出産まで

33W03D 12/09/2007 入院8日目

夜中の2時から一時間収縮&心拍数のチェック。陣痛はほとんど感じない。おちついたみたいだ。今は一日でも長くおなかにいてくれることが大事。でも陣痛があるってことは赤ちゃんは出たいって思っているんだろうな。
目もぱっちり覚めてしまったのでインターネットをしていたら、安倍首相の辞任表明のニュースがあった。これだけ支持率も低いのに今まで続いていることの方が不思議。ほんとに空気読めなかったんだね。でもこの人が辞任したからって次がましかどうかも分からないし。
3時頃、抗生物質を飲む。
7時半頃、ラボの人が来て血液検査。
8時頃朝食。Canadian Bacon、Belgian Waffle with syrup、Orange Juice、Oatmeal、2% Milk、Coffee。メニューは昨日から私が指定したのと微妙に違っている。私がチェックした用紙も添付されていないし。まあ、いいか。カナディアンベーコンはちょと厚切りのハムだった。調べてみたらロース肉で作ったもののことらしい。よく考えたら旦那のお弁当のサンドィッチにはカナディアンベーコンを使っている。油っぽくなくていい。
9時前にドクターが顔を出す。陣痛はない?などの質問に答える。今日はシャワーを浴びていいようだ。
バスルームの鏡でおなかを見ると、入院前と明らかに違う。入院前はおなかの下の方にボリュームがあったけど今はそれが持ち上がってる感じ。未だに原因はわからないけど、もしかしたら動き過ぎで赤ちゃんが下にいってしまったのと、休養が足りなかったせいなのかなとも思う。
9時過ぎから収縮&心拍数モニター。準備をしながら、看護士さんから入院している女性達のチャットのサイト、セレブや医師も参加している情報交換のサイトを教えてもらう。試してみよう。少し陣痛を感じる。
モニターの結果何回か陣痛があったのだけれど、一時間に4回くらいなら問題ないそうだ。陣痛があるからドクターには今朝OKをもらったけどシャワーは無理ですかときくと、大丈夫だと言われた。
お昼前にESLのクラスメイトが来てくれた。彼女のメールアドレスだけは覚えていたので入院したことを知らせることができた。近くのドクターのアポイントメントの帰りだったそうだ。彼女の出産の話をきいた。双子だったそうで、6ヶ月くらいから寝たきりになったんだそうだ。生まれたときはだいたい4パウンドくらいだったそうだ。彼女からも、ちょっとふっくらしたと言われた。お昼ご飯がちょうど運ばれてきて、彼女にみせたら、あら、美味しそうね、と言っていた。
彼女と入れ違いに友達カップルが赤ちゃんを連れて会いにきてくれた。部屋にここ数日置かれているWarmerに準備されていた赤ちゃん用の帽子を見せてくれた。ものすごく小さい。未熟児サイズっていうことだろう。かわいそうだなあと思うけど仕方がない。彼女は今日出産時の会陰切開のチェックだったそうだ。旦那さんの方は、二人目は問題ない言われたそうで喜んでいた。二人目との間隔を狭めれば一度にすんでしまうから、というのが彼の考えらしい。彼女としては、もうちょっとまって〜という感じだろうけど。何かあったら連絡してね、と言って帰っていった。これからランチに行くそうだ。
今日の昼食は、Beef Barley Soup with Crackers、Meatloaf with Gravy、Brown/Wild Rice Pilaf with Cranberry、Yellow Squash、Strawberry Mousse、Decaf Tea、Lemon Packet。友達とはなしながらゆっくり食べた。ぺろっと食べてしまう自分が怖い。
午後2時半頃、日本人の職員の人が会いにきてくれた。日本語の病院ツアーをしたりするのが仕事らしい。
午後3時過ぎ旦那が来る。お願いしたものなどを持ってきてくれる。頼んでなかったけどペリエも何本か持ってきてくれた。
4時過ぎくらいに待望のシャワー。一回じゃ全部落ちていないような気がするものの気分は格段に良くなった。
e0052044_2132358.jpg届いていたベビザラスのクーポンをチェックしながらこれから買うものを考える。出張の話や写真を見せてもらっているうちに夕食の時間に。旦那は病院の食堂を試しにいった。ミートローフを食べたと言っていたから多分患者のと同じようなメニューなのかもしれない。セットで$6くらい。病院の近くにはテイクアウトできるところが結構あるけど、ファーストフードを食べるくらいなら食堂に行って欲しい。
夕食は、Tomato Slice、Maryland Baked Chicken、Spinach、Macaroni & Cheese、Wheat Roll、Rice Pudding、Decaf Tea。オーダーしていないマカロニ&チーズも入っていたけどぺろりとたいあげる。一度食べてみたいと思ってたけど、一回で十分かも。ライスプディングは私にはいまひとつだった。
6時、抗生物質を飲む。それから収縮&心拍数モニターを一時間。何度か陣痛を感じる。
7時頃モニターをチェックしにきた看護士さんから、陣痛あってもそのままいくって聞いてるけど、と言われてちょっとびびる(いや、産めって言うならそれはもちろんかまわないけど)。34週までって言う話を聞いてますが、というと確認するから、といって出て行った。その後、陣痛止めの薬をもらう。薬のききをチェックするためしばらくモニター。旦那は一人ラマーズ法のクラスへ。
夜勤の看護士さんが来てモニターのチェック。陣痛のときは水をたくさん飲んで、体の水分を出して、左を下にして横になること、と言われた。水分が足りなくなると陣痛がおきやすくなるそうだ。点滴がないので自分でどんどん水分をとらなければならない。
旦那がクラスから戻ってきた。5つの出産ビデオをみたらしい。うまく”コーチ”できるかが心配だという。
11時からまたモニター。
[PR]
by lerot11 | 2007-10-26 02:13 | 今日の妊婦 入院生活ー出産まで

33W02D 11/09/2007 入院7日目

夜中の2時頃またぎゅーっという圧迫を感じていたら看護士さんがきて、薬をくれた。どんな感じかきかれたので、下の方に向かって押される感じ、と説明した。陣痛だと胃のあたりから下へ向かったぎゅーっていう感じの圧迫感らしい。
トイレに何時間かごとに起きる。夜の方が量が多い気がする。なんでだろう。
朝、7時頃、そろそろトイレにいこうかな、とぼんやり考えていたら、突然血液検査の人が入ってきた。前回と比べて今回は痛い。
8時頃もまだなんとなく眠くてぼーっとしていたら、日勤の看護士さんが研修の人をつれてやってきた。血圧、体温チェックなどを説明していた。血圧の機械のボタンの場所さえ知らないみたいだったからきっと初めてなんだろう。

e0052044_10405323.jpg朝食はPrune Juice、Fresh Fruit Cup、Special K、Special Scrumbled Eggs、Wheat Toast、Decaf Coffee、Whole Milk。スクランブルエッグはなにがスペシャルだったかというと中にソーセージやベルペッパーなどが入っているかららしい。
朝食後、ドクターが来た。モニターを外し、6時間ごとのチェックのみになるらしい。また、点滴もはずしてくれる。抗生物質は薬で服用。なにかあったときのため、一応点滴の針はそのまま。でもこれでかなり楽になる。水をたくさん飲んでたくさん出すように言われる。
ずーっとベッドにいるせいか、お尻が最近いたい。いろいろ姿勢を変えてみるのだけれど、あんまり変わらない。
入院するって本当に大変だと思う。ここ数日、海に散歩に行きたくてしかたがない。
10時過ぎ、看護士さんが収縮&心拍モニターを外しにきてくれる。そのあと点滴もはずれた。点滴がはずれたので尿の量のチェックも必要ないらしい。自由にトイレにいけてとても楽。体温のチェックをして、抗生物質を服用。
フロアのマネージャーらしき人が来て、部屋やサービスに問題ないか聞かれた。ソファベッドをチェックしていた。
お昼ご飯まで、準備しなければならないもの、やらなければならないことリストを作ってみた。赤ちゃんとはきっと一緒に退院できないだろうから少しは時間があると思っていたのだけれど、看護士さんのひとりから、34週で一緒に退院した人もいると聞いたので、ほとんどインターネットで注文できるけれど、万が一のことを考えて、すこし旦那に頑張ってBabiesrusにも行ってもらわなければならない。

e0052044_10412541.jpg12時過ぎに昼食。眠っていたかったけど冷めるとあんまり美味しくないだろうし食べることにした。Chicken Noodle Soup and Crackers、Lasagna、Grilled Fresh Zucchini、Banana Cake、Decaf Coffee。ラザニアを食べたのは久しぶり。ちょうどいい量だった(アメリカ人には足りないかも?)。甘いものがやめられず、今日も上に乗ったクリームはよけたもののどっしりした甘いバナナケーキを食べてしまった。
友人から電話。午後空港へ旦那を迎えにいってくれる。本当に助かる。彼女は出産後の入院中、病院の食事がだめだった経験から、何か必要なものとか食べたいものがないか聞いてくれる。高級ホテルでもレストランでもないのであんまり食べ物に期待していない私には栄養的にも管理されているここの食事で十分。
明日のメニューリストが届く。食べ物に期待していないといいつつも結構選ぶのが楽しかったりする。入院してるとそのくらいしか楽しみがないのかも。この部屋ではインターネットに接続できるけど、もしなかったらと思うとぞっとする。入院仲間ができる訳でもないし、忙しい看護士さんと長話ができる訳でもなし。テレビ、編み物とか読書っていう感じなんだろうか。それはそれでいいのかも。
5時ちょっと前、収縮&心拍チェックを一時間したところ、陣痛が少し頻繁にあった。午後から時々感じていたのだけれど、これでまたモニターに繋がれてしまった。抗生物質と陣痛止めを飲む。

e0052044_10415494.jpg夕食はRoast Turkey with Gravy、Whipped Potatoes & Gravy、Green Beans、Cream of Potatoes Soup、Wheat Roll、N.Y. Style Cheesecake with Cherries、Hot Tea、2% Milk。結構ボリュームがあったけど食べてしまった。ジャガイモ料理がふたつもあって、炭水化物が多すぎか。
夕方6時をすぎた頃、旦那が来た。3時ごろにLAXに到着したのだけれど、思った通りイミグレーションで時間がかかったみたいだ。いつうまれるか分からないのでいてもらうとやっぱり安心する。この間にも陣痛は来ていて、痛くはないんだけど心臓がどきどきする。呼吸を深くしてやり過ごす感じ。旦那の出張中の話や、これからしないといけないこと、どんな風に入院になったかなどを話す。明日の夜はラマーズ法のクラスが同じ病院であるので、旦那に出てもらう予定。
時差と長旅で疲れているだんなは8時前に帰る。
8時過ぎに夜勤の看護士さんが来る。やっぱりまだ陣痛が続いているから陣痛止めをもらう。次は2時にチェックするね、といってモニターからはいったん解放されたのだけれど、またもどってきて、赤ちゃんの方は問題ないけど薬を飲んだから効き目をみるため陣痛のみモニターすることになった。
これを書いている間もぐぐーっと陣痛らしきものを感じる。長い夜になりそうだ。
[PR]
by lerot11 | 2007-10-09 10:42 | 今日の妊婦 入院生活ー出産まで