日々これ好日

カテゴリ:今日の妊婦( 25 )

31W05D

e0052044_3155462.jpg今週は8ヶ月最後の週。
最近は甘い物を極力食べないようにしているからか、お腹の赤ちゃんは元気に動いているけどクッキーを食べてばっかりだった頃より落ち着いているような気がする。今のところ前回の検診時の体重をキープ。最近よくしゃっくりを感じる。下腹部で感じるから頭はやっぱり下にあるんだろう。
学生時代の友人が妊娠中にミルクが出た話をしていたのをふと思い出して、お風呂上がりに試しに乳首をつまんでみたところ、ほんとちょっとだけど透明な液体が出て来た。珍しい事ではないんだろうけど、ほんとにびっくりした。
日曜日、先月購入したカーシートを返品した。別に壊れていたとかそういうことではなく(長く使えるタイプだったし私たちは気に入っていた)、やっぱりハンドル付きで持ち歩けるInfant Car Seatのほうが使い勝手が良いだろうと考えた結果。なので出産までにはInfant Car Seatを見つけなければならない。10キロを超えたらまた新しいのに買い替えなければならないけど、カーシートはしょっちゅうリコールがあるから逆に3年も4年も同じのを使うよりはいいと思う。Babiesrusで返品理由を聞かれたのだけれど、旦那の”気が変わったから”ですんなりOK。ほんと返品大国だ。友人も一度洗ったジーンズを返品したことあるし。
火曜日夜、以前ここにも書いたcraigslistで見つけたベビーベッド(crib)をPalos Verdesまで受け取りに行った。イタリア製の木製でマットレス付き$150。お店では$400以上で売られていたらしい。$150あれば安いのなら新品が買えるだろうけど、とても丈夫そうだったので決めた。それにあんまり吟味している時間もない。広い玄関に置いてあったベッドを売り主から説明を受けながら分解して車に積む。Palos Verdesといっても何十億の家が並ぶ海側ではなく内陸側だったので、夜景が本当にきれいだった。毎日こんな夜景がみられるなんてほんとにうらやましい。
水曜日、Preparation for Childbirthの一回目(全6回)のクラスに行って来た。数ヶ月前に友人の旦那さんの代わりで一度参加した事のあるクラスだったのだけれど、曜日が違うせいかインストラクターが違っていた。Baby Care Basicsもやっていた母乳育児のインストラクターだった。クラスは各カップル毎に自己紹介をした後、インストラクター自身の出産経験を聞いた。彼女はもともと完全な自然分娩で生もうと思っていたのだけれど、何時間も陣痛で苦しんだ後、無痛分娩に切り替え、最終的に24時間かかったのだそうだ。その後、赤ちゃんの顔がお腹側を向いていたため尾てい骨が邪魔で通り抜けられず、最終的に帝王切開になったのだそうだ。大変だったけどその日は本当にすばらしい日だったと言っていた。その後は、陣痛時のマッサージ(テニスボールやよくあるマッサージの道具、古い靴下に入れたソーダの缶を使う)や呼吸法を習う。日本で言うヒッヒッフーはこっちだとハトハトフー(と聞こえた)。英語は全部聞き取れた訳ではないけれどなかなか楽しかった。来週は陣痛の進行について。
何冊か絵本を購入した。私は日本語で、旦那は仏語で話しかけたり読み聞かせたりする事にしているのだけれど、やっぱり半々だし(そのうち英語も外部からはいってくるだろうし)言葉は大丈夫なんだろうかとちょっと心配。
今週、領事館から出生届書、出生証明書など(こちらはダウンロード可能)が届いた。説明によると配偶者が日本人でない場合は婚姻した日本の自治体を知らせなければならないらしい。旦那の国の方は直接領事館へ申請にいけば良いようだ。夫婦別姓にしているので名字がどうなるのかを確認しなければ。
[PR]
by lerot11 | 2007-08-31 04:00 | 今日の妊婦

妊婦検診へ(30W02D)

午後検診に行って来た。いつもの先生が夏休みなので別な先生に診てもらった。体重、血圧、子宮底長と超音波。超音波は久々でちょっとうれしかったのだけれど、いまいちよく見えなかった。先生は、ここが頭で腕がここで、と説明してくれるのだけれど全然分からない。とりあえず今のところ逆子ではないそうだ。あっという間に終わり。
その後、会陰切開を避けるためのマッサージをした方がいいのか質問したら、出産直前ならいいけど、それ以前はやっても周りの筋肉が伸びきってセックスライフによくないよ、とのことだった。本当に必要ない限りは会陰切開はしないよ、という言葉にちょっとだけ安心。また妊娠中に母乳育児の準備のために何かできるかきいてみたら、特になにもない、ということだった。自然にまかせればだいじょうぶだよ、とのこと。要はいまから気にしても仕方ないのかも知れない。
また、胎動がなくなったら要注意だから、一日様子を見たりせず必ず知らせるようにも言われた。ジュースなんかを飲むと動き出すから、動かないと思ったら試してみるといいらしい。甘い物が好きなんだね。
先生からは特になにも言われなかったけど、前回の検診からたった2週間で3パウンド(約1.4kg)も体重が増えた。原因は分かっている。旦那の祖母から大きな箱一杯に送られて来たクッキー類のせい(っていうか食べちゃった自分のせいだけど)。ちょっと増え過ぎ。注意しなければ。
次回も2週間後。
[PR]
by lerot11 | 2007-08-22 09:20 | 今日の妊婦

病院見学ツアーへ(30W)

e0052044_10313345.jpg今日は病院見学ツアーに参加した。参加は無料。病院のコーディネーターが基本的な情報を説明した後、麻酔に関するビデオを見せてくれた。最初の基本的な情報のところでは、出産後の赤ちゃんを保険に入れる事(小児科に行くときに必要)、ソーシャルセキュリティナンバーの申請(病院から申請できる)、出生届(2通目以降は$17)、普通分娩の場合と帝王切開の場合の入院”時間”(普通は48時間で、帝王切開は96時間)、ビデオやカメラの使用はOKだけど三脚は駄目、チャイルドシートの使用はカリフォルニアの法律で決まっていることなど。室内にはお茶(ティバッグ)やクッキー、水が置かれていて好きなときに食べて良い事になっている。ビデオの後、デューラの人が来てどういったサービスをしているのかを説明してくれた。出産に立ち会うだけではなく、母乳育児や泣いている赤ちゃんをどうやってなだめるかなどを教えてくれるらしい。その後、ボランティアのひとが編んでくれたブーティやおくるみの抽選があった。あたったのは3人。私はブーティをいただいた(写真)。
休憩時間を挟んで病院内の見学。友人が出産したときに来たときも思ったけど迷子になりそう。帝王切開にならないかぎりは母子同室で基本的に同じ部屋で退院までを過ごす事になる。広々していて居心地が良さそう。ソファがベッドになるので旦那さんも眠る事が出来る。面白かったのは壁にかかっている絵の後ろが医療器具の収納場所になっていて、必要なときは絵をずらして使うらしい。帝王切開の場合は出産後回復室へ移される。また出産ラッシュになると、5%の確率で普通分娩の人達も回復室に移される(友人がこのケースだった)。いつ頃が忙しいのですか?という質問に対し、コーディネーターは、ここ数ヶ月忙しいけど9月はもっと忙しい、というのもThanksgivingやクリスマスでできた子供が生まれるからなんだと言っていた。アメリカ人、わかりやすい。うちは多分この時期とは外れるから大丈夫だろう。他にも帝王切開の部屋や新生児室などを見て回り解散。
見学後、Pre-Registrationをしてきた。このPre-Registrationをしておくと、陣痛が始まって病院に行ってから書類をサインしたりする手間が省ける。保険の番号とID(写真付き)が必要(ソーシャルセキュリティナンバーは必ず必要という訳ではない)。薬や食べ物のアレルギーや既往症に関する書類などにサインをし、Patient Account Numberをもらい終了。病院から保険会社へ連絡が行き、了承されると保険会社からドクターへ連絡が行く事になっているらしい。これでまたひとつ準備が終わった。
準備と言えば昨日、Changing Tableを買った。買ったと言ってもお店で買ったのではなく、craigslistというサイトで見つけた人から譲ってもらった。craigslistでは仕事の求人求職、アパート探しからサークルまでいろんな情報を得る事ができる。渡米前に知り合いに教えてもらっていたのだけれど利用するのは今回が初めて。売ってくれたのはWest Hollywoodに住んでいる韓国系のアメリカ人で、2人目のためにとっておいたんだけど、もう作らない事に決めたから売るんだと言っていた。
Changing Tableとはおむつ交換のための台のことで、友人達からはあったほうが良いとすすめられていた。というのも出産後しばらくはやはり痛むからしゃがんだりするのは辛いからということだった。旦那は背が高いので腰を痛めてしまう可能性もあるしやっぱり必要と判断した(おむつ交換は彼の仕事という下心あり)。いまだにCrib(ベビーベッド)をどうするかは迷っている。cribのオファーをしている人達のなかには、買ったんだけど添い寝する事にしたから売りますという人が結構いる。
他にも悩んでいる事がひとつ。チャイルドカーシートはすでに購入済みで、うちのは新生児からかなり長い事使えるモデルなのだけれど、やはりハンドル付きの1年くらい使えるタイプにした方が良いのではないかと思い始めた。車の中で眠っている赤ちゃんをハンドルつきのシートならそのまま連れて行けて起こす必要がない。スーパーやモールなどでもこの手のタイプをよく見かける。
悩み始めるときりがない。
[PR]
by lerot11 | 2007-08-20 11:19 | 今日の妊婦

29W05D

e0052044_828319.jpgここのところ毎日暑い日が続いている。といっても日本ほどではないけれど。夕方になると涼しくなるのでウォーキングは暗くなってからしている。
今週はBaby Care Basicsの第一回目のクラスに参加した。大学の講義みたいな感じで参加しているカップルもとても多かった。ベビザラスのBreastfeeding Seminarで見かけた人も来ていた。講師は病院のナースのようで、自分の経験をたくさん話してくれたのだけれど、とても早口で全部は聞き取れず。最近ベビーブックを読み始めていて重なるところもあるのでなんとかなったけど。
配布された資料を読んでみると、添い寝は絶対にするな、と書いてあった。ベビーブックのほうは添い寝をすすめているので、国の違いというよりも考え方の違いなんだろう。うちも現在ベビーベッドを買うかどうか迷っている。友人カップルは添い寝を試したけど、夜に赤ちゃんを押しつぶしそうで怖いからベビーベッドに寝かせてるそうだ。
またベビーブックにはスリングの使用をすすめているけれど(日本でスリングが使われるようになったのはこの本がきっかけらしい)、姿勢が悪くなるという人もいる。何が正しいのか分からない。というより子育てに正解なんてないのかもしれない。
来週のクラスには小児科医が来るという事なので質問してみようと思う。
先週末に友人カップルの赤ちゃんに会いに行って来た。ちょうど生後一ヶ月になるところだった。病院で見たときよりも大分大きくなっていた。私たちが行った時は赤ちゃんはよく眠っていたのだけれど、どうやら夜中12時から朝5時までぱっちりと目を覚ましているようで、友達は全然眠れないと言っていた。お腹にいるときから夜中によくお腹を蹴っ飛ばしていてnight personだから、と言っていた。うちはどちらかというと朝方5時頃から蹴っ飛ばし始めるので朝型人間なのかも知れない。根拠があるのかは分からないけど。

追記(2007年8月21日):Baby Care Basics 2回目へ
[PR]
by lerot11 | 2007-08-18 08:52 | 今日の妊婦

Baby Einstein...

e0052044_9101368.jpg先週COSTCOのクーポンがあったのでBaby Einsteinの7本入りセットを2つ購入した。どちらも3ヶ月からと6ヶ月からのDVDが入っている。実際に3ヶ月のを見てみたら、カラフルなおもちゃやぬいぐるみが動いている映像の連続で赤ちゃんの目を引くにはいいかも知れない。また、言語も英仏西と3カ国語。赤ちゃんに良い、という評判だったので購入したのだけれど、今週L.A.TimesでBaby Einsteinは良くない、American Idolを見せる方がまだまし、という記事が載っているのを読んで今更後悔している。
記事によると赤ちゃんの語彙が見てない子達よりも少ないのだそうだ。確かに、テレビの前に一人で座らせてみせっ放しにするのであれば良くないだろう。記事の最後には24ヶ月になるまではテレビは見せない方が良い、とあった。確かにそのほうが良いのだろう。子供にはテレビは全然みせなかったという友人もいる。eBayで売ってしまおうかな。教育の事、もう少し考えてみなければ。
[PR]
by lerot11 | 2007-08-10 09:18 | 今日の妊婦

妊婦検診へ(28W)

今日午後妊婦検診へ行って来た。早いものでもう28週目(日本で言えば8ヶ月目、アメリカで言うと7ヶ月目に入ったところ)になる。今日は先生の診察の前に、前回渡されたソーダを自宅で飲んでから一時間後、血液検査を受けた。何も問題がないといいけど。
検診はいつも通り、体重、血圧を測った後、赤ちゃんの心拍を聞き、子宮底長(29cm)を測った。特に異常は見られず、元気にしているらしい。体重が自分ではかなり増えたと思っても、何も指摘されず、時々きゅーっとお腹が痛くなりますと言っても、子宮が大きくなるときによく起きることから心配ないです、となんとなく拍子抜け。赤ちゃんが大きすぎとか小さすぎなどと言われて不安になるよりはいいのかも知れない。友人とも話していたのだけれど、アメリカのドクターはいつも、心配ない、という人が多い。日本やヨーロッパだと、○×の可能性があるから注意しなさい、とかいろいろ情報をくれるのと較べると楽天的というかあっさりというか。
次回は2週間後。いつもの先生が夏休みなので、tummy check(今日みたいな感じ)だけだから別な先生に見てもらえば、と看護士さんにいわれ、そうすることにした。確かに分娩の時、いつもの先生にあたらない可能性があるので、一度会っておくのも良いかも知れない。
来週からマタニティクラスが始まる。
[PR]
by lerot11 | 2007-08-07 10:23 | 今日の妊婦

近況 (27W)




e0052044_9352584.jpg


More
[PR]
by lerot11 | 2007-08-04 10:13 | 今日の妊婦

妊娠検診へ(24W)

e0052044_745672.jpg今日の午後、チェックアップに行って来た。前回渡された尿検査の容器を看護士さんに渡し、体重、血圧を測る。また次回用に尿検査の容器を受け取る。妊娠が終了するまで毎回するらしい。
今日も超音波ドップラーで心拍を確認するのみ。元気にしているようだ。
先生に、あ、ここに筋腫がありますね、と言われたところは実は旦那と、赤ちゃんの頭なのかなあ、と言っていた場所だった。妊娠中にもっと大きくなるらしい。手の打ちようもないし、様子を見る事しかできない。帝王切開になるかどうかは出産が始まるまではわからないと言われた。
時々生理痛のような下痢のような痛みがあると伝えたら、張ってるだけだから大丈夫だと言われた。また足がごくたまにつるからカルシウムを摂った方がいいですか?と聞いたところ、そんなに効果がないし、妊娠中には普通にあることで、出産が終わればつらなくなるから、と言われた。打つ手なし、ということらしい。妊娠本などにエクササイズの方法が載っているから試してみようと思う。
次回は4週間後(日本だったらもう二週間毎?)。ただ、次回はもうひとつ検査が加わる。貧血と糖尿病選別血液検査、と説明書には書いてある(Glucose Challenge Test。24週から28週の間に行われる)。ソーダを飲んで一時間後に血液検査をするんだそうだ。もらったソーダはオレンジ色でなんだか美味しそう。糖がでちゃったら嫌だけど。

検診の後は出産予定の病院へPre-Natal Classの申し込みに行った。日本語のクラスもあるそうなのだけれど、聞いてみたら次回は10月からなんだそうだ。ということで、英語の普通のクラスを受ける事にした。参加するのはMaternity Tea & Tour(病院見学と出産の申し込み)、Baby Care Basics、Preparation for Childbirth、Breastfeeding。受講料はカップルで$165。はじまる時期も曜日もばらばらなのだけれど、8月中旬以降ちょっと忙しくなりそう。
追記(2007年7月15日):昨日コンファメーションと請求書が届いたのだけれど、Baby Careの分が足りない…。電話しなければ。
[PR]
by lerot11 | 2007-07-10 07:47 | 今日の妊婦

超音波検査へ(22W)

e0052044_8371062.jpg今日はGenetic Counselorのオフィスへ超音波検査を受けに行って来た。まずは赤ちゃんのチェックから。頭のサイズを測ったり、心臓をチェックしたりと一通り問題がないか確認。現在約430g、25cmだそうだ。Happy Babyという事だったので一安心。次に子宮筋腫のチェック。これが妊娠中のホルモンの影響でかなり大きくなってしまっているそうだ。分娩のときに胎児が降りて来られない可能性があって、その場合は帝王切開になるよ、と言われた。
なんとなく落ち込み気味。
(写真は病院の駐車場の車の上に乗っていたかもめ)

追記(2007年6月27日):帝王切開の話を友人にしたところ、アメリカのお医者さんは帝王切開をすすめたがると言っていた。というのも、自然分娩の場合、”自然”と妊婦が出産をするけど、帝王切開は医者が介入するということで、自然分娩よりもお金が入ってくるからだそうだ。
それにしても、一体どの段階で帝王切開が必要なのかが分かるんだろう。分娩の時、なんていうことになったらと思うと不安。次回の検診で質問しなければ。
[PR]
by lerot11 | 2007-06-27 08:46 | 今日の妊婦

胎動のこと(21W)

数週間前から感じ始めた胎動がだんだん力強くなってきた。
昨日の夜、旦那が私のおなかをとんとんとたたいたら、たたいた場所に勢いよくキック(パンチなのか頭突きなのか体当たりしているのかは分からないけど)がかえって来た。
本やウェブサイトによっても回数はいろいろだけれど、お腹の中で胎児は一時間に50回くらい動いているのだそうだ。今朝明け方にふと目が覚めてじっとしていたら、とても活発に動いているのが感じられた。お腹側とか内蔵側とかいろいろなところを蹴っ飛ばしていて、時々膀胱をキックしてくる。というよりぷんと触っているような感じかな。これをされるとトイレに行きたくなるから困る。
胎教をしたほうが良いのかなと時々考える。ある特定の音楽を聴かせていたら、生まれて来た後もその音楽を憶えていたとかという話はよく聞く。音楽は生まれた後に聞かせる方が効果が高いとも聞いた。20分毎に起きたり眠ったりを繰り返している胎児を起こすのはちょっと忍びない気もする。
[PR]
by lerot11 | 2007-06-21 06:34 | 今日の妊婦