日々これ好日

母乳のこと他(4mo)

ブログの更新は本当に久しぶり。しようしようと思いつつ、義母が遊びに来たりしていてあっという間にこんなに間が空いてしまった。今日の更新は4ヶ月終わり頃に少しずつ書き留めておいた事。今は早いものでもう5ヶ月の終わり。出来るだけ間を空けずに更新して行きたい。


母乳のこと
e0052044_7351147.jpgNICUから退院してからしばらくは、NICUからの指示通り、母乳の他に一日3回強化ミルク(搾乳した母乳+粉ミルク+ビタミン)を哺乳瓶で一日3回あげていた。哺乳瓶をあげるのは旦那の役目で、旦那があげている間に私は搾乳。搾乳のために、しばらくは病院で使っていたのと同じタイプのMedelaの搾乳機をレンタルして使っていたのだけれど、結局Medelaの搾乳機を購入した。哺乳瓶は母乳相談室を妹に送ってもらい使用。3ヶ月検診でドクターからは、好きなようにしていい、と言われたので今は母乳のみ。搾乳機は今のところ使っていない。
母乳は100日経つと落ち着いて来るとどこかで読んだ。需要と供給が一致してくるのだそうだ。息子は今週、4ヶ月と4週に入った。でも相変わらず授乳回数は12回(時にはもっと)ととても頻繁。一回の授乳で片方しか吸ってくれない。小食なんだろうか。特に疲れているときは夕方一時間おきに授乳をするとだんだん出なくなって来る。寝る前になると、おなかが空いているという感じではなくて、眠りにつくのにちょっとくわえていたいみたいだ。夜の授乳もまだ落ち着いたとはちょっと言えない。5、6時間起きずに眠ってくれるときもあれば、3時間ほどで起きてしまうこともある。桶谷式の授乳だと、3時間を過ぎた母乳はまずくなるというからちょうど良いのかもしれないけれどやっぱり夜に何度も起きるのは辛い。3ヶ月に入るくらいまでは乳首がひりひりして母乳漏れ用のパッドをつけるとこすれて痛かったけれど、現在はそれもない。やっぱり少しは落ち着いて来たんだろう。
今のところ乳腺炎にはかかっていない。ただ、クリスマス前に、旦那の実家から送られて来たチョコレート(プラリネ入り)がどうしてもやめられなくて食べていたら、右の乳首に乳口がつまってしまい白班ができてしまった。これはときどきじんじん痛んでちょっと辛かった。でも授乳には特に問題がないのでそのまま食事をあっさりなものにしていたら数週間後にはなくなった。今でもチョコレートは時々少しだけ食べるけど白班はできていない。どこかで読んだのだが、常温で固まる油、例えばラードとかバターなんかはとらない方がいいらしい。
搾乳しはじめや、直接赤ちゃんにあげはじめると、しばらくして乳首の方に針で刺すようなちくちくした感覚が来る。これがどうやら催乳感覚というらしい。このちくちくしているときに母乳が作られているのだそうだ。この感覚は間隔が3時間ほどあくと、何もしてなくても来る。体が教えてくれているみたいだ。人間の体って不思議だと思う。
最近はあまり飲んでいないけど、母乳の出が良くなると効いたのがラズベリーリーフティ。確かに出が良くなるような気もする。要は温かい飲み物がいいのかなと思う。それ以外にはあたたかい麦茶やルイボスティを飲んでいる。
授乳が終わった後ににやっとするところとか、夜の授乳で背中にぴたっと小さな手を押し付けて来るところとか、むにむにとマッサージしてくる所などはとてもかわいい。飲み終わった後に縦抱きで抱っこしているときの湿っていて重くて温かい赤ちゃんを感じるとなんだかほっとする。一時期数日間だけ授乳の回数が減ったことがある。楽になったなあと思うと同時になんだかさみしくもなった。今はまたもとにもどっちゃっているので回数が減るのを心待ちにしているのだが。

髪の毛のこと
息子が3ヶ月に入った頃から髪の毛が抜け始めた。それも大量に。家のどこにいても髪の毛があって髪を触ると抜け毛が指に絡まっていたりした。産後髪が抜け始めるのは知っていたけど、おむつの中に髪の毛が入っていたり、息子の手の中に髪の毛が握られていたのをみて、絶対切ろうと2週間ほど前美容院へ行って来た。美容師さんによると、抜けても数ヶ月したら戻るとのこと。ほっとした。もっと短くても良かったかなとは思いつつもそれでもかなり短くなっていて、シャワーで抜ける本数は変わらないとしても抜け毛のボリュームが減ったので大分気が楽になった。
ついでに息子の髪の毛についていうと、これまた結構抜けている。後ろの方は寝ているときに頭をぶんぶんと動かしているので摩擦で薄くなってしまっている。前から見るとふさふさなのに後ろを見ると寂しい。そんな風でも外出すると、髪の毛たくさんあるねー、と知らない人から声をかけられる。息子の髪の毛の量は普通くらいだと思うのだけれど、白人の赤ちゃんは髪の毛がとても薄いから珍しいのかもしれない。何週間か前に前髪が目に入りそうになっていたので切ってみた。じっとしていてくれないから(じっとしててもかな)なかなかうまく切れなくてでこぼこになってしまった。おまけに何も考えず同じ長さに切ったところ、くせ毛なので左側が長くて前髪が斜めになってしまっている。やっぱりバリカンでがーっと刈ってしまうか美容院に行った方がいいのかもしれない。


e0052044_735464.jpg妊娠線のこと
結局34週で出産してしまったため一番おなかの皮膚がのびる時期は経験していないから断言はできないけど、妹から教えてもらった手作りの保湿液を塗ったお陰か、私はまったくできなかった。一応レシピ(というほどのものでもない)を書いておくと、精製水とグリセリンを1:4で混ぜるだけ。体質にもよると思うので誰にでも効くのかどうかは分からない。妊娠線用のクリームをたくさん塗っていた友人はばっちり妊娠線ができていた。二人目を産んだら手術(処置の名前がピンタックとかそんな感じだったような…)すると言っていた。

Baby owner's manual
中身は他の育児書と大して変わらないけれど、赤ちゃんのことをunitとかmodelと呼び、親のことをuserと呼んでいる、まさに赤ちゃんの取扱説明書という感じの本。イラストも仕様書みたいな感じで書かれていて、男性にうけそうなマニュアル本。なかなか楽しい。
Baby owner's games and activities book
Baby owner's manualのシリーズで赤ちゃんと遊べるゲームが載っている。3才までのっていて、とりあえず1才の所まで読んだ。面白そうだったのは、10ヶ月以降からできる段ボールに入れる遊び。
[PR]
by lerot11 | 2008-03-17 07:36 | 赤ちゃんとの日々